メール鑑定

私とは何か「個人」から「分人」へ

読書自体は、それなりに読んでいるのですが、
最近、小説を読まなくなりました。

平野啓一郎さんは、小説家です。
この方の小説は、いくつか読んでいるのですが
この新書をおすすめしたいと思います。
このなかで、ご本人が書かれているのですが
小説を読まなくなった方に、わかるように新書にした、そうです。

私向けなのね。

こちらで提案されているのが「分人」
個人ではなく、いくつもに分かれた自分。
個人は、ひとつだ、という前提にたっているから
「本当の自分」を探したり
相手の態度が変わったことに苦しんだりする。
いくつもの分人のひとつだと思えば、いいんだよ、と。

なるほどね。
そう考えることで悩みはなくなったりしないけど
悩んでる部分の分人を、極力少なくして
それ以外の分人を、足がかりにして安定させておくのは
智恵かもしれないな、と思いました。

私とは何か「個人」から「分人」へ
AMAZON

31-gfEbWQtL._SS500_[1]

スポンサーリンク