メール鑑定

火星最接近 2016年

2016年5月末には、約2年ぶりに火星が地球に接近します。
topics03-s201605

画像は、国立天文台からです。

2016年は火星が、蠍座、射手座に長期滞在します。
5月30日の最接近の日は、逆行でもどった蠍座にあります。
蠍座は、火星の「ホームグラウンド」なので、そのよい面を発揮する時間が長くなりますし、
射手座には、土星があって、この数年のテーマを掘り返しているところなので、
火星の積極性や、射手座で待っている土星のテーマに勢いがつくことになります。

2016年の火星については、別に記事を書きました。
火星が最接近する5月31日のチャートです。
20160531

魚座海王星、射手座土星、乙女座木星、双子座太陽と金星の柔軟宮のグランドクロス、
また、山羊座冥王星、乙女座木星、牡牛座水星の地のグランドトラインが、作られます。
具体的なテーマは、それぞれのハウスで示されるのですが、
柔軟宮の「みんなのために」「癒やしとなること」を
地のサインで「実際にできること」「見えること」「モノ」にしていくことです。

最接近となり「発火点」になる火星は、
思うままに、積極性や、競争力を発揮するのですが、
逆行中でもあり、火星に慣れていないと、
場合によっては、負の面がでてしまって
「発火点」が、「火事」になる可能性もあります。
遠くから天王星も、「やっちゃえ、やっちゃえ」とささやいているので、
火星の積極性をからまわりさせたり、争いになったり、
イジメなどの方向に向かないように、注意が必要かもしれません。

前回の火星の接近は2014年でした。
その時は、活動宮のグランドクロス。
その時も火星が、「発火点」でした。

柔軟宮のグランドクロスは、
太陽が双子座にはいる5月20日には、スタートしていると思います。

また、地のグランドトラインの助走は、
水星が牡牛座にはいる4月6日あたりから始まります。
「ぶっちゃけ、商売とか金にならないとダメじゃん」
みたいなミもフタもない事から始まるようですが、
その理想とするのは、「みんなのため」なので、お忘れなく。

その後、水星は4月29日から5月22日まで逆行しています。
モノゴトの確認をしたり、
ある程度の手応えを得る必要があるものを確かめたあと、5月末を迎えるようです。

月は、この数日で、魚座から牡羊座にうつり、
新しい道を行く実感があったり、変化する実感を感じると思います。

今年のマイルストーンのひとつです。
忙しいけど、ガンバろうね。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました

スポンサーリンク