メール鑑定

笠間稲荷神社 本殿 狐塚 

笠間稲荷は、日本三大稲荷のひとつです。
三大稲荷のどれが3つにあたるか、については、諸説あるようです。

境内の藤。
20160429

その周りの回廊を抜けて、拝殿、本殿の後ろへ。

本殿の蔀(しとみ)から少し、なかをうかがうことができました。
20160432

やっぱり、お稲荷さんっぽくない。
ここが八幡さまだと言われた方が、納得します。
でも、屋根のところには、ちゃんと神使の狐がいました。
20160433

ここにいらっしゃるのは、かなり格のたかいパワーのある方です。

本殿の足もと。立派な石がお城の石垣のようです。
20160430

本殿裏側。
20150431
彫刻と屋根の木組みが美しい。

ウラに回ってみたのは、ここがお稲荷さんであれば
稲荷山に相当するものがあるはずだ、と思ったからです。

で、本殿の真裏にあるのが、こちら。稲荷山というか、狐塚というか。
20160434

これ、後付けでつくった感じがするなあ。
狐さんたちもいるけど。
うーん、これ、どう考えたらいいんだろう。

稲荷山であれば、はやり登ってみたいところですが、登れません。

仕方ないので、登ったつもりで、本殿を拝しました。
20160435

ここは、後ろのほうには、あまり感じないなあ。
稲荷山とか、狐塚としての役目はないようです。

境内の末社。月読神社、白山神社、菅原神社、粟島神社、山倉神社。
20160438

ツキヨミさま、ククリヒメさまとイザナギさまとイザナミさま、
菅原道真公、スクナヒコさま、タカムスビさまと大国主さま、スサノオさま。
それぞれ聞き覚えのある方々ですが、こうなってしまうと違いがわかりません。

回廊の外には、聖徳殿。大黒さまも一緒におられるそうです。
20160439

むしろ、こちらの大黒さまの方が、御利益としてはわかりやすい。
もちろん、金運の御利益です。

豊川稲荷では、霊狐塚奥の院があったり、東伏見稲荷神社でもお塚があるのですが、
ここは、拝殿からお参りするのが、「正解」のようです。

笠間稲荷神社

スポンサーリンク