メール鑑定

城山出世稲荷神社

笠間稲荷神社のとなりにある、稲荷社。
笠間稲荷神社が、格が高い武家の祈願所という由緒をお持ちな一方で、
こちらにいると「そうそう、お稲荷さんって、こうんな感じだよね」というところ。
ちょっと、ほっとします。

201604046

ご挨拶します。
ちょっと、仏教の雰囲気もあります。そして、しっとりした空気感が、お稲荷さんらしい。
それでも、小さいとはいえ、拝殿と本殿が分かれていて、
神橋で結ばれているというつくり。

201604049

本殿も、美しい。
201604050

二十三夜尊(にんとさんやそん)、とあります。
201604048

あまり慣れないのですが、同じ茨城のお寺である
大悲山保和院(だいひざんほわいん)桂岸寺で、二十三日をご縁日とするお寺があったり、
二十三番目の月を待つ二十三講があったようでした。
ともに、ご本尊は勢至菩薩。

こ城山出世稲荷神社も、この二十三夜尊も、まだ、地元の方の信仰があるようです。
実際、出世の御利益もありそう。
ちょっと仏教っぽかったのは、このあたりの雰囲気なのかもしれません。

二十三番目の深い月。
それを待つ人の心の深い部分。

境内の立て札。
城内に狐の塚をみつけて、それを祀ったのが最初、とのことです。
狐の穴、ってそのあとに稲荷社ができること、多いですね。
品川神社の阿那稲荷社や、上野の花園稲荷社も穴がありました。

そして、こちらも笠間城がらみのお社。
ホームページがないのですが、こちらが境内にあった看板と地図。

201604047

siroyama

大悲山保和院 水戸観光協会のページ

スポンサーリンク