メール鑑定

常陸国 出雲大社 (ひたちのくにいずもたいしゃ) 龍蛇神社 展望台

境内には、龍蛇神社があります。
大国主命(おおくにぬしのみこと)と、縁の深い竜神です。
蛇は、龍の小型版。
ご挨拶します。
201604065

白と黒の石が美しい。
波紋のようでもあり、陰陽のようでもあり。

出雲大社相模分詞にも龍蛇神の社があります。
ねらって行ったわけではないのですが、参拝した時、たまたま竣工式で
開扉されていて、御神体を拝見するという特別な体験もさせていただきました。

近くに展望台があります。
201604066

この近くに、親鸞がすごした稲田御坊があります。
親鸞は、流罪が解けたあと、京都に直接に戻らず、このあたりで過ごしたそうです。

既存の仏教に反抗し、どこまでも、自分の罪を見つめた親鸞は、
当時は、罪に問われるくらい、すごくロックな方だったと思います。
古代には、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の、東征の最前線であり、
今は、原子力を研究する広大な施設をもつこの常陸の国。
その最先端をうけいれる土地柄に、あっていたんじゃなかな、と感じるのです。

マンホールも八雲。
201604068

「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」
大国主命の求婚のお歌を思い出しました。
やっぱり、縁結びだ。

201604069

常陸国出雲大社
稲田御坊について 笠間観光協会のページ
出雲大社 相模分詞

スポンサーリンク