メール鑑定

大洗磯前神社 神磯の鳥居

大国主命(おおくにぬしのみこと)が、ご祭神。
少彦名命(すくなひこなのみこと)と、お二方(二柱ふたはしら)の神さまは、
協力してこの国をつくったと言われています。
大国主命は、大洗磯前神社で、少彦名命は酒列磯前神社でお祀りされているので、
このふたつの神社で、一対の信仰の対象とされています。
ご由緒によると、このお二方と思われる光るものが海の上に現れ、
塩焼き(塩を精製する者)に神がかりして「海から再来した」とおっしゃったのが最初だそうです。

神磯の鳥居。
201604150

201504151

場所を移して。
201604152

いつまで見てても飽きないのですが、動画で見たほうがよいので。
(音がでます)

酒列磯前神社は、拝殿を通して、海を拝していたのですが、
この大洗磯前神社は、拝殿は海に向かっており、海に背を向けて拝することになります。
ここは、海から、神磯から、お受けるすあるいは、お迎えするための神社なのです。
大国主命と少彦名命というペアのご祭神という意味もありますが、
この二つの神社は、それぞれの役目もあるようです。

二見興玉神社と同じように、浜参宮(はまさんぐう)を行ったので鳥居をくぐります。
201604153

あなたは、神磯の鳥居にいけるかもしれないけど、
ヒトの身はあの鳥居はくぐれないのよ。あれは、神さまの鳥居。
201604154

大洗磯前神社

スポンサーリンク