メール鑑定

太陽フレア 2014年6月水星逆行~夏至

昨日(6月10日)、太陽で大きな太陽フレア(太陽の爆発)が観測されました。
X1.5とX2.2の二回です。

フレア

発生した場所は、地球に向かって東(左)側の端です。
これは現在のNASAの太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)の写真です。
昨日、大きなフレアが発生したのは、左やや下の明るい部分です。

latest

太陽は26日くらいで1周する自転をしています。
これからその活動の大きな場所が地球に向いてきて、西の端に沈むまでの約14日間は、活発な部分が地球に向いてくるので、大きな太陽フレアが発生すると、大きな影響があります。
その太陽の爆発のあと、2~3日でCME(コロナガス噴出)が到達します。

太陽フレアやそれに続く、CMEは大半がオゾン層や磁気圏で吸収されますが、規模が大きい場合、磁気圏に乱れが起きて、この影響で、人工衛星や磁気の乱れが影響がある場合があります。
GPSや通信機器の誤作動などが考えられます。

最も注意が必要なのは、CMEが到着するこれから2、3日ですが、天体のイベントのタイミングがあります。

今回は、月が満ちてきており、13日には満月です。
満月には月からのパワーも大きく、これも身体に影響します。
出産が多いのも、この影響です。

さらに少し先になりますが、2週間以内には、夏至があります。21日です。
「夏に至る」わけで、太陽のエネルギーが最も活発になります。

スピリチュアル的にもエネルギーの影響が大きく、身体に感じる事もあります。
頭痛や、耳鳴り、身体がだるいなどです。
これは自分のエネルギー変化の目印みたいなもので、全く感じない人から、敏感な人とさまざまです。
もちろん、感じるからといって、エライということではありません。

これから2週間は、太陽・月のエネルギーが活発になりそうです。

また、水星逆行とも重なります。
水星逆行中は、もともと通信機器の故障、誤作動も多くなっているので、さらに影響があるかもしれません。

約束、契約は再確認して、早めに準備をするなどしてくださいね。
スピリチュアル的には、気持ちのいい神社でも行ってみて、ぼーっとしている、かな?
でも、体調の変化は自己判断せず、まず、専門家の意見を聞いてくださいね。

太陽フレアのグラフと情報は宇宙天気ニュースさんから。

宇宙天気ニュース ホームページ

宇宙天気ニュース ツイッター

スポンサーリンク