メール鑑定

大妖怪展

「大妖怪展」江戸東京博物館です。
you3

今回は、西口から。
2015年にリニューアルして初めてです。
敷地内に徳川家康の銅像。
you2

家康公、何かに乗っています。
その足元は、亀に似ていますが重い荷物を好んで引くという贔屓(ひき)だそうです。
家康公の遺訓
「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし」を表しています。
また、この装束は、お好きな鷹狩りのようで、台座は徳川15代にちなんで15。
江戸、東京の基礎をお作りになった方ですが、
現代でもお役目を果たされている、というか、しぶといなあ。

「大妖怪展」サブタイトルが、「土偶から妖怪ウォッチまで」とあるので、
夏休み向けの子供企画かな、と思っていたのですが、
百鬼夜行の図を見にくものいいか、と思って行ってみました。
you5
(公式サイトから)

行ってみたら、妖怪ウォッチとそのコラボグッズがあって、
それも楽しいし、子供たちにも人気がありそうなのですが、
you6
(公式サイトから)

でも、そこは江戸東京博物館。
絵巻や浮世絵などの日本画が展示の中心。見応えがあります。

絵の力は、すごいもので、地獄を描いた熊野歓心十界図は、
熊野への寄付をつのる勧進に使われたものです。
この世での誕生から、地獄、浄土が描かれていてます。
その絵のまえで、たぶん妖怪ウォッチめあての子供が
「これねえ、悪いことをすると、地獄なんだよ」と説明してくれました。

幽霊画の部屋は、空気が重い。
宿るものが、あるんだなあ。

また、若冲や国芳もあるのですが、
その作家を見るというより、この一連の展示のなかで
「お、面白い描き方」とみると若冲だったり、
「色の描き方がすごいな」と思うと国芳だったりするので、
「妖怪(あやかし)」というテーマで、それぞれの画家の個性もよくわかります。

そういった優れた日本画の一方で、へたうま、というか、
そんな妖怪たちもいます。
姫国山海録(きこくさんがいろく)
you4
(公式サイトから)

この妖怪たち、ちょっと、ゆるくてカワイイのですが、
このカワイイというのが、ポイントだと思います。
付喪神(つくもがみ)とか、名前のないこのゆるい妖怪たちは、
私たちの執着とか、欲望が形になっていると思うのです。
だから、それを、目の前に提示されたときに、拒否するのではなく
カワイイと笑って、
自分の心の底の暗い部分を、認めておくのが必要なのかもしれません。

正面切って向かうのは、ちょっとコワい。でも、笑ってみると、存在は認められる。
そんな闇にしか存在できないモノたちは、結構、いとおしいモノだと思うのは、
自分の心の闇にも存在しているから、だと思うのです。

you1

私の近くにも小さな妖怪がいます。
妖怪カード。紹介の記事はこちら。
今日は、青頭巾。
IMG_2308

愛した稚児の亡骸を食べて鬼となった僧侶。
愛と執着。
ガンバるというのも、執着なんだよ、という事かもね。

2016年7月5日(火)~8月28日(日) 東京都江戸東京博物館
2016年9月10日(土)~11月6日(日) あべのハルカス美術館

大妖怪展 公式サイト

スポンサーリンク