メール鑑定

冬至 2016年

一年でもっとも昼間の時間が短い冬至は、これから太陽が復活してくるお祝いの日でもあります。

冬至のチャートです。東京。2016年12月21日。
わかりやすいように、ちょっと時間を進めてあります。
20161121

東の地平線は獅子座。太陽は山羊座にはいったところで5ハウス。
この日、月も天秤座に移っており、パチっと切替感が強いと思います。
活動宮に、太陽と月が入り、始動するイメージです。

自分をわくわくさせるものを、エンジンとして、これからそれを、形にしていこうとしているところ。
それは、自分自身の楽しみから始まったとしても、自分の楽しみだけには終わりません。
火星も意識しており、自分の楽しみ、わくわくだけでなく、誰かのためになること。
さらに、その興味の対象に深く関わっていこうとしています。
それは、心の深い部分の癒やしも含めていこうとしていますが、実際にできることで、組織や社会での実現を目指しています。

もちろん、なかなか、カンタンにはできるものではないのですが、冬至なので、次の季節にむけて準備中という意味もあります。
準備中といっても、火星は8ハウスにかかるところなので、家で内向きに何かを準備するのではなく、外部の対象に深く関わっていきます。
その分野の、ノウハウを持っている人や講座に行って、教えてもらうという事もあるでしょう。

自分サイドとしては、準備や勉強など、かなり準備しているはずですが、これを外に出してくには、とりあえずできたモノについて、友達や知り合いに意見を聞いてみることから始めましょう。
そこでは、自分がやっている分野の専門家の意見もあり、厳しいかもしれませんが、参考になるはずです。
ただ、この時期、水星が逆行しているので、持ち帰って検討するという事もあると思うので、そこはふくんでおきましょう。
この時期の水星逆行については、こちらの記事で。

冬至のチャートは、先日の11月29日の射手座新月のチャートに雰囲気がとても似ています。
射手座新月については、こちらの記事で。
先月から、今月にかけて、天王星が火星を刺激しているのですが、この1ヶ月で、長い旅の最初の一歩を踏み出す方も多いと思います。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク