メール鑑定

牡牛座での水星逆行 2017年

4月10日から、牡牛座で水星が逆行を開始します。
逆行で、牡羊座に4月21日に戻ります。その後、5月4日に、牡羊座で逆行は終了。
5月16日には、牡牛座に戻ります。

水星は、交通、情報、コミュニケーション、商いの星。
逆行によって、計画の見直し、仕切りなおしなど、前へ進まず、見直す時間となります。
これは、「悪い」ことではなく、必要な見直しであり、時期を待つことになります。

この時期は、交通機関のトラブルや、情報、通信の行き違いなどに注意が必要ですが、特に今は、射手座に土星があり、この土星と組むので、海外へむかう交通、運輸機関や、同じ交通機関のトラブルでも、単体の故障ではなく、変電所などの事故や大量輸送のトラブルなど、が気になります。

逆行開始時の4月10日の東京のチャートです。

太陽と冥王星、及び金星と土星は、スクエアという強い配置をとっています。
スクエアのピークは、前日の9日ですがゆっくりした動きの天体なので、まだスクエアとなっています。
また、月は11日に満月となります。
活動宮のTスクエアのなかでの、天秤座満月に向かう月なので、勢いがあるところへの逆行。水星は、やや自分の実感にこだわっていますが、周囲の反応がやや違っているので、相手との対応に気持ちが前のめりで混乱することがありそうなので、まずは冷静に。

活動宮のTスクエアですが、このとき、多くの天体が逆行中。
なかなか、順調にすすまない感じがさらに、強くなると思います。
金星逆行については、こちらの記事で。
また、土星と木星の逆行については、こちらの記事で。

今回の水星逆行は、自分の実感を確認することも、目的のひとつ。
牡牛座の水星なので、自分の実感や五感で判断しているのですが、それが外側から見るとやや、こだわりとか、ガンコに見えることがあります。
今の、活動宮多めの時期には、なかなかじれったい反応だと受け止められることもあります。逆行開始の時も、天秤座のほぼ満月から、「レス、おっそー!」と言われています。
そして、この自分の実感、こだわりの元々ってなんだろうか、もそもの動機ってなんだった?と牡羊座に確認をしに帰るようです。

また、牡牛座から戻るので、お金、経済のチェック、もあります。
ちょっと前の衝動買いに、この時期、クレジットの支払いがきたり、あるいは、返さなくていいと思ってたのに、お金の精算を言われて、びっくりすることも。
いずれも、過去のお金の精算です。
ここでくるものは、返すべきもの、精算しておく必要があるものです。
ちゃんと精算しておきましょう。
実際のモノの流れという事で、業種でいうと流通や物流も、少し滞りがちです。
通常の「見切り」が甘くなるので、注意が必要。
「今日、来ると思ってたのに~」という事のないように、少し余裕をもって。

逆行している間、水星、太陽は射手座土星とトラインとなります。
自分のやっていることは、射手座の土星の価値にあっていることを確認して、逆行が終了します。射手座土星は、今年12月まで。それまで心置きなく堪能(笑)しましょう。
射手座土星の使いどきは、いまです、は、こちらの記事で。

その後、5月4日には、水星の逆行終了。
土用あけで5日は立夏。こどもの日。切り替り感は強いと思います。

そのあと16日に牡牛座にもどり、再度、射手座のチェックをうけます。
ここでは、逆行してた金星も順行にもどっていて、前に進む実感もあると思いますが、もとに位置にもどるのは、5月21日。

逆行中の約3週間は、特に仕事やビジネスの面で、「通常運行」ではない、ひっかかりが生じる時期になりますが、時期を待つ、あるいは、見直す時期です。
過去の謝金はきちんと精算して、必要ないものは、この際、切り替えておきましょう。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク