メール鑑定

木星のパワースポット 天秤座 2018年11月まで

こちらの記事で、蠍座木星の1年の12星座ごとの聖地、パワースポットをおすすめしました。
ここでは、星座ごとにおすすめのスポットについて、お知らせします。

木星が蠍座にはいった2017年10月から、射手座に移動する2018年11月までに、ご縁があれば、おでかけください。

稲荷社
ご祭神は、宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)あるいは、保食神(ウケモチノカミ)。
伏見稲荷大社や、宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)あるいは、保食神(ウケモチノカミ)をご祭神とする、稲荷社、お稲荷さんがが、パワースポットとなります。

木星が滞在した2017年10月までは、よく「12年に1度の幸運期」と書かれるのですが、そんな、単純なものじゃなかったと思います。
宝くじにあたりまくったり、白馬に乗った王子さまがやってきたり、仕事ではなにもしなくても給料が上がる・・・そんな棚からぼた餅のような幸運な1年だと思ったのに、そうじゃなかった、と感じているかもしれません。
でも、いろんな仕事や依頼がやってきたと思います。とにかく忙しかった。
それは、断ると、自分の家や、安心できる居場所がなくなるんじゃないか、という心配もあったはずですが、周囲からは「頼むと断らないひと」「優しいひと」と思われていたのです。
そこから、芽吹くモノを育てるのがこの1年のテーマ。それは自分のモノになるのです。才能だったり、身体能力だったり。
魂の成長からは、ちょっと遠いのですが、自分のものである、お金も増えると思います。
そして、商売繁盛の、現世利益という事では、やはりお稲荷さん。
なので、お稲荷さんは、おつきあいする時も、現世の方法でおつきあいすると、通じやすいと思います。
つまり、挨拶はきちんとする、お礼参りもする。
その時は、お金をお納めするのをお忘れなく。お酒などのお供えも喜ばれます。ここも、現世に準じて。
ホンキのお願いは、神職に間にたってもらって正式参拝、ご祈祷をお願いしてください。
神職がおられない稲荷社、あるいは奉仕される方のいない稲荷社で、ご自身で祈祷をしたり、ホンキのお願いをするのは、そのあとずっとおつきあいできなければ、難しいと思います。
2017年12月に山羊座に土星が移動すると、自分の家や居場所の見なおしがあるかもしれません。
会社の都合で転勤しますもありそうですし、住む場所を動いたり、家を建てたり、リフォームしたり。
あるいは、家族ってナンなのか、という事から結婚する方もいるかもしれません。
家族を見直すとともに、自分の人生の責任や自分の才能と向き合う時期になりそうです。
家のなかでの自分の責任もしっかり自覚するのですが、金運という事であれば、12サインのなかでこの1年ではやはり最も強いのが天秤座です。

豊川稲荷の記事は、こちら。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記の サイト が参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ各地の神社であれば、繋がっているので、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、商業主義になっていると、「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の、波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝など、あまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。
しかし、一方で、同じところに参拝するのではなく、ご自身のサインの反対側の聖地に伺うことも、バランスとしては必要なので、おすすめです。
天秤座の反対側には、牡羊座です。

お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、ある意味、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

最近は、遷宮や建て替えのお宮が多いように感じます。
その場合は、仮殿や仮宮におられます。工事中の本殿とのエネルギーの違いがわかる時もあるので、比べるとわかりやすいです。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

メール鑑定をしております。ご縁がありましたら。どうぞ、こちらから。

スポンサーリンク