メール鑑定

木星のパワースポット 射手座 2018年11月まで

こちらの記事で、蠍座木星の1年の12星座ごとの聖地、パワースポットをおすすめしました。
ここでは、星座ごとにおすすめのスポットについて、お知らせします。

木星が蠍座にはいった2017年10月から、射手座に移動する2018年11月までに、ご縁があれば、おでかけください。

出雲大社
ご祭神は、大国主命(オオクニヌシノミコト)あるいは、大己貴命(オオナムチノミコト)。
出雲大社や、大神神社(おおみわじんじゃ)など、オオクニヌシノミコトやオオナムチノミコトがご祭神の神社が、パワースポットとなります。
奈良の大神神社と、出雲の出雲大社に行った感じだと、別々の方のような感じをうけましたが、どちらも、幽事(カクリゴト)の神さまなので、そのお働きについては、同じだと思います。

射手座には、あしかけ3年土星が滞在しています。
この3年で大きくその立場を変えて責任のある立場になったり、オトナとしての振る舞いを求められてきたと思います。
そういった意味では、試練の時間だったのですが、決してそれはムダではありません。
そう言っても、ずっしりと負荷があることはあるのです。その土星が2017年12月に山羊座に移動します。
お疲れさまでした。

この1年は、見えない世界、見えない縁が広がる1年です。本当の自分を見つけるというといえるかもしれません。
ここ数年、魚座の海王星から社会的にはボランティアなどの見える形ですが、「みんなのために」「場の空気を読んで」やら霊的な影響がある射手座なので、そういったチャンネルは拾いやすくなっているとも言えます。
そういったアヤシい話だけでなく、見える成果ではなく、その裏側でなにが起こっているのか、だれが動いているのかにアンテナをあわせると、その見えない領域で動くことも多いと思います。
それは、根回しだったり、キングメーカーだったり、縁の下の力持ちだったりして、表舞台にはでてこないかもしれませんが、見えないパワーを引き込むと大きな力となります。
しかし、この蠍座に木星のある1年は、霊的なバックアップがあるのですが、それは、現世での「結果」としてでてこないかもしれません。
でも、先祖の霊、守護霊、あるいは魂の集合体からの援助が大きくあります。
この見えないバックアップからのエネルギーは、とても大きなもので、これを取り入れることができれば、かなりの大きな結果としてでてくることもあります。
また、人柄としてにじみでてくるオーラの大きさ、「運」の強さにも関連するので、霊的なチャージを心がける1年になるようです。
現世では、わかりにくい部分が多いのですが、「人気」とよばれるパワーは、わかりやすい部分なので、人気がでることもあるでしょう。その結果、マスコミやSNSなどで登場する機会も多いと思います。
単純に、現世で、霊能者やサイキックな人と縁がある、という事もありそうです。また、そういう「アヤシイ」世界に傾くと、実際の生活で、地の足のつかない状態になりがちなのですが、そこは意識して、注意しておくことです。
このあしかけ3年で鍛えた武器を手に影の主役となるのは射手座ですが、本当の自分を見つめ、見えない縁や霊的なバックアップでその場を支配するオーラを得たり、マスコミ、SNSの主役となるのも射手座です。

出雲大社は記事になっていませんが、おすすめです。
大神神社の記事は、こちらから。
常陸国出雲大社の記事は、こちら。
東京の出雲大社 東京分祠の記事は、こちら。
公式サイトは、大神神社 と、出雲大社 です。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記の サイト が参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ各地の神社であれば、繋がっているので、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、商業主義になっていると、「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の、波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝など、あまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。
しかし、一方で、同じところに参拝するのではなく、ご自身のサインの反対側の聖地に伺うことも、バランスとしては必要なので、おすすめです。
射手座の反対側には、双子座です。

お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、ある意味、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

最近は、遷宮や建て替えのお宮が多いように感じます。
その場合は、仮殿や仮宮におられます。工事中の本殿とのエネルギーの違いがわかる時もあるので、比べるとわかりやすいです。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

メール鑑定をしております。ご縁がありましたら。どうぞ、こちらから。

スポンサーリンク