メール鑑定

木星のパワースポット 水瓶座 2018年11月まで

こちらの記事で、蠍座木星の1年の12星座ごとの聖地、パワースポットをおすすめしました。
ここでは、星座ごとにおすすめのスポットについて、お知らせします。

木星が蠍座にはいった2017年10月から、射手座に移動する2018年11月までに、ご縁があれば、おでかけください。

日吉大社、日枝神社、または比叡山延暦寺。
ご祭神は、大山咋神(オオヤマクイノカミ)。
日吉大社、日枝神社など、オオヤマクイノカミがご祭神の神社が、パワースポットとなります。
社会的な地位や、全体をうまく「まわす」ための組織やルールを目指していくのが、鎮護国家を目的にした比叡山の延暦寺であり、日枝神社です。
最澄上人が、このオオヤマクイノカミのおられる比叡山に延暦寺を開かれています。
延暦寺については、その地が聖地なので、各地にある天台宗のお寺を示すものではありません。

比叡山を開かれた最澄上人と、空海の物語の「阿・吽」は、濃密な物語です。
その展開についていくのは、エネルギーが必要なのですが、おすすめです。
こちらの記事です。

蠍座に木星がはいると、社会の中での動きや、組織のなかでの立場で目立つようになります。
蠍座なので、専門性のある分野で活躍していくことや、社会貢献も必要とされあす。
あるいは、年齢が若ければ、社会的に権力のある方や、地位の高い人、目標を掲げる人、世間に認められる活動をしている人と関わることになります。それは、必ずしも手の届かない人物ではありません。
職場の上司だったり、家庭のなかではお母さんに褒められる、という場合もあると思います。
地位の高い人と縁ができるので、当然、ひきたてられる、認められる事もあると思いますし、上司と話すことで、会社という組織にとって、なにが必要かを認識すると思います。
あるいは、母親に認められる事、ほめられる事が、自分のガンバリの、そもそもの動機だったとわかる事もあるでしょう。

実は、この数年、比較的マイペースだった水瓶座です。
しかし、木星が蠍座にはいると、通りいっぺんではなく、もっと社会や組織に関わる必要がでてきて、マイペースだけでは、いられないと思います。
また2017年12月に土星が山羊座に入ると、そのマイペースが「空気読めてない」と言われることもありそうです。
人間関係では、等距離、誰とでも友達という距離は保てなくなるので、「あなた、どっちのグループなわけ?」と言われてしまう事もあるそうです。
特に会社や組織のなかでの、根回しだったり、人間関係をどう読むかについて、しっかりとみていく必要があります。
さらに、2018年5月に天王星が牡牛座に入ると、いろんな出来事も起こってきて、実際に引っ越しをしたり、仕事を独立する人もいると思います。
ねちっこい職場の人間関係という裏の面と、社会貢献や会社の立場という表の面、あるいはプライベートと社会という振り幅が大きなテーマを平行してこなすのは、難しいのですが、水瓶座らしく決断していく1年になります。

日枝神社の記事は、こちら。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記の サイト が参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ各地の神社であれば、繋がっているので、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、商業主義になっていると、「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の、波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝など、あまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。
しかし、一方で、同じところに参拝するのではなく、ご自身のサインの反対側の聖地に伺うことも、バランスとしては必要なので、おすすめです。
水瓶座の反対側には、獅子座です。

お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、ある意味、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

最近は、遷宮や建て替えのお宮が多いように感じます。
その場合は、仮殿や仮宮におられます。工事中の本殿とのエネルギーの違いがわかる時もあるので、比べるとわかりやすいです。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

メール鑑定をしております。ご縁がありましたら。どうぞ、こちらから。

スポンサーリンク