メール鑑定

グレートミューテーション 2020年

約20年に1度、木星と土星が重なることを、グレートコンジャンクションと呼んでいて、それはその時代の大きな区切り、という記事を書きました。こちらです。
書き始めは、あまり気にしなかったのですが、今回の2020年のグレートコンジャンクションには、冥王星がからむトリプルコンジャンクションになるんだな、とわかってきて、さらに調べていました。

しかし、2020年のグレートコンジャンクションは、さらにもっと大きな区切りになりそうです。

少し、細かい話になるので、興味のない方は、下の三行あたりまですっとばして読んでください。

占星術では12のサイン(星座)を、その性質によって四つに分けています。
「火、土、風、水」これをエレメントといいます。
火のサインは、牡羊座、獅子座、射手座
土のサインは、牡牛座、乙女座、山羊座
風のサインは、双子座、天秤座、水瓶座
水のサインは、蟹座、蠍座、魚座

グレートコンジャンクションは、20年に1度で、同じエレメントのなかで起こる事が多いのですが、だいたい200年たつと、次のエレメントに移動します。(すごいザックリです)
これをミューテーションといって、グレートコンジャンクションが移動する時期は、200年ごとの区切りで、グレートミューテーション、グランドミューテーションともいいます。

表にしてみました。

なんとなく、色の変化だけをみてください。
この色(エレメント)が変わっていくのが、グレートミューテーション。
境には前後のエレメントが混ざりますが、だいたい200年ごとに変わっていくことがわかります。
1600年からは、火のエレメント。「科学」という考えが起こり、啓蒙思想を元に革命が起こった時代。
1800年からは、土のエレメント。産業革命が起こり、モノが豊かになりお金が重要とされた時代。
そして、1981年から始まり、2020年には本格的に移動するのは、風のエレメント。
情報と知識を交換していく時代。

そして、いまは、風のエレメントにはさまれた、土のエレメントの時代です。
最初の1981年にグレートコンジャンクションでは、iモード(アイモード)や、日本電気と新日本電気がパソコンPC-6001を発表しており、続く風のエレメントの時代を予感させました。
そして、2000年の最後のグレートコンジャンクションは、失われた10年あるいは、20年と呼ばれた、モノに価値をおく最後の時代だったのかもしれません。

次の2020年から始まり、2156年まで続くのは、風のエレメントです。

土から風に変わっていく2020年のグレートコンジャンクションは、数百年という単位でむかえる時代の扉のひとつです。
時代の扉があいていくのを、楽しもうね。

スポンサーリンク