メール鑑定

天王星逆行 2017年

8月3日から天王星が逆行します。
ゆっくりと動く天体なので、前後5日くらいは動きを止めているように見えます。
今回は、おなじ牡羊座のなかでの逆行です。
天王星は、遠くの天体で社会の動きを司っていて個人では実感できないかもしれません。
しかし、以前は、個人の影響はないと考えられていましたが、最近は個人で「使っている」「影響されている」こともあると思います。

天王星が逆行することで、この8月は土星より遠くの天体すべてが逆行します。

これ以外の天体も逆行します。

水星が逆行をします。8月13日から9月5日まで。
支配する乙女座での逆行です。この水星逆行については、こちらの記事で。

その間、食があります。8月8日部分月食。 8月22日皆既日食。
8月22日の皆既日食は日本では見られません。

また、天体同士の配置では、木星と冥王星がスクエアという強い配置を8月5日に取ります。
その後、個人をあらわす太陽も、土星、天王星、海王星と組み合わせをとっていきます。
また、火のトラインもできており、組織の権力や個人の実力を発揮するともに、その「力」の持ち主が移動したり、もっている「力」が変化することもありそうです。

そのうち、土星が8月25日に逆行を終了します。
土星の逆行については、こちらの記事で。

つまり、8月には社会的動きを司る天体と、個人にかかわる水星、あるいは霊的な変化を後押しする食があることになります。
これによって、社会的動きが見直され、個人も変化していきます。
個人については、ルーティン作業、毎日、なんとなくやっていることを中心に生活、仕事の見直しがあり、霊的な癒やしと再生がすすむことになります。

また、社会がかわることで、個人への影響があるでしょう。

8月は、お盆もあり、アチラ側との扉もあきます。
過去生も含めて8月は見直しの時間。
この水星逆行が終わった9月中旬までは、社会としてのパワーバランスの変化がありそうですし、個人の「力」も感じる時期です。

スポンサーリンク