メール鑑定

天王星逆行のあと 2018年1月

8月3日から、牡羊座にある天王星が逆行をはじました。
土星の外側にある天体で、社会の動きもつかさどっています。

天王星は2010年5月に一度、牡羊座に入り、その後、逆行で魚座にもどりました。
再度、牡羊座に入ったのは2011年3月12日。

その後、山羊座にある冥王星とスクエアという強い配置をとっています。
全体の安定のために、ゆすがせにできない組織やシステムが再構築の真っ最中に、個人や地域のやる気や情熱がぶつかりあう配置です。
いまは、その配置もゆるんできているのですが、土星より遠い天体では、そのサインにある間は影響があります。

今回の天王星の逆行終了後の2018年5月には、牡牛座に移動します。
その後、再度、逆行で牡牛座から牡羊座にもどり、2019年3月には牡牛座に再度入ります。そこからは、本格的な牡牛座天王星の時間となります。

2018年5月の牡牛座入りのときのチャート。
わかりやすいように、少し時間がすすめてあります。

以前は、やる気とか情熱だけで自立していこうとしていたのですが、2018年5月のこの時は、実際にどんな事ができるのかが問われてきます。
また、自分のやりたいことをやってみたら、自分のスキルをみつけて、構築しつつあるという事もあります。
しかし、逆にいうと、実力のある人だけが残っていくのです。
いまはやる気だけで独り立ちしていこうとしている動きや、個性を主張している動きが、いずれ、実力や実績をとわれていくようです。
あるいは、みもフタもない話だと、お金がなければ、何もできないという事もあります。

2018年5月に、天王星が牡牛座に入ったときには、蠍座に木星、射手座に土星があります。
ここからの数ヶ月は、ある意味、牡牛座天王星のトライアル。お試し期間。
専門性があるとか、信頼関係がしっかりしているか、システムとして確立しているか、などの蠍座木星、射手座土星の要求に、答えられるかどうか、というトライアルであるようです。

2018年11月には逆行で牡羊座にもどります。
再度、牡牛座に入るのは、2019年3月。

なので、この牡羊座に天王星がある間で、将来にむけて自分らしさを出していきたい、あるいは精神的に独立したい、(離婚もありで)独り立ちしたいという思いがあるなら、自分のやりたい事を再点検する、そこにむかってチャレンジするラストチャンス、とも言えるのです。
あるいは、その時期(2018年5月、あるには2019年3月)をめざして、スキルを獲得しておく、準備をしておくというのもアリだと思います。

今回の天王星の逆行は2018年1月2日まで。
数年先に、どうしていたいか、を考えていく時間でもあります。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました

スポンサーリンク