メール鑑定

今日のカード

月は、射手座。
勢いのある月ですが、金星、太陽と天王星が強い配置。
みんなのルールを使って、ちゃんとまわしていきたい組織と、フリーランスの個性の強い個人がぶつかる配置。
活動宮でもあり、本人たちはやりたい放題だけど、代理店や、調整役を受け持つ方が大変なところ。
サインでいうと、天秤座、蟹座の方々がとばっちりの数日。

この活動宮での太陽、天王星の強い配置は、あと1回、2019年1月。
天王星は長い時間を司っていくので、実感ができずらいのですが、全体のムードがかわっておきます。
このところの10年は、「きた、返す」「やった、やられた」という速いテンポで動いてきましたが、ことし、天王星が牡牛座にはいるあたりから、そのテンポがスロウダウンし、動かしがたいものを動かす情熱となっていきます。

活動宮の天王星と太陽の強い配置は、来年1月にあと一度あります。こちらの記事で。

水星と土星が重なりました。
この組合わせは、昨年末の水星逆行をはさんで、3回目。射手座の水星逆行については、こちらの記事で。
射手座の月でもあり、射手座土星の時間、過去二年半からの引き継ぎは、このあたりで終了していくところです。

火星が蠍座。25日まで蠍座にあって、強力に自分の意思を押し出していきます。
蠍座には木星があって、相手との同一感を求めいて、その試行錯誤の真っ最中。
そこに自分の意思を強く押し出すことで、支配する、支配されることを直視していきます。
無視すること、ナイことにははできません。多少のトラブルは込みです。
権力を持つこと、その場を支配することとその争いに注目が集まります。
恋愛でも、無視できない魅力をもつ相手に深入りしていくこともありそうです。

火星、冥王星という押しの強い天体が山羊座、蠍座という社会的なサインで、調和的な配置が続いています。
権力や力の行使によりパワーバランスの変化もありそうな数日です。

木星と冥王星が調和的な配置に向かいつつあります。
セクスタイルという味わい深い配置なので、使いやすい、感じやすい面もあると思います。
相手の気持ちに入っていく木星が、組織の改革、再生をしている冥王星と強力し、その場にいる関係者の納得をえて、変化していく状況です。
この配置は、今年3回あります。こちらの記事で。

日の出前の空に、月が、天体のあいだを通っていくようすが見えます。

国立天文台から。

カードは、ペンタクル6逆。
労働に見合わない給料だとか、骨折り損だとか、おいしい所を独り占めする誰かもいる、とか、わかってしまうと面白くないのですが、新しい出会いもあるはずなので、そこは見逃さないで。

メール鑑定をやっております。こちらからどうぞ。

スポンサーリンク