メール鑑定

山羊座新月 2018年

山羊座で新月があります。1月17日東京でのチャートです。

太陽と月は、10ハウス山羊座。
MCにぴたっと冥王星にのっていて、アセンダント近くの天王星とスクエア。
なかなか、剣呑(けんのん)な新月です。
社会や、組織や、個人の社会的地位を一度、リセットし、再生に向けて動き出します。
権力、支配者、社会のリストラクションに対し、「てっぺん、目指すぜ」という野心や、みんなの人気をバッグに、多少のことなら、想定内のトラブルとして、乗り越えていきます。
支配天体の土星も山羊座に同座しており、ここも自分の思いえがくものを現実化しようとしているところ。

アセンダント(地平線)は、牡牛座。
新月の近くにある金星は、この支配天体なので、この月の目指すてっぺんは、かなり現実的。
気持ちのうえでの達成感ではなく、現実、モノ、結果が重要です。
お金や地位が欲しい、アレが食べたい、コレが欲しい。気持ちいいことしたい。
(ん?気持ちのいいことって、気持ちのうえでの達成感?)

また、新月と天王星の強い配置なので、積極的に新しい分野にうってでる、というイベントもありそうです。

しかし、今は、まだ、その現実化にむけて第一歩を踏み出したばかりで、結果はでていないはずで、この新月がスタートとなるようです。
そして、山羊座なので、勢いだけでは、通用しません。実際にナニができているかも問題。
社会のなかで、あるいは組織のなかでの役割をきちんと、なしている事が条件です。
気持ちとしては、じっくり結果を出していきたいのですが、要求されていること、あるいは目指しているのは、即答であり、目の前の成果が大事、という厳しい現実もあります。

1月2日の満月もMC天頂に太陽があり、今年最大の月でした。こちらの記事で。
かなりヘビーな月が続いているので、心身の不調だったり、不安な気持ちはあるかもしれません。

ただ、風のサインに天体がひとつもないので、突き進む状況や、目指すてっぺんは、客観性に乏しく、一人よがりで終わってしまう可能性があるので、自分のチャートのなかで使える風のサイン(双子座、天秤座、水瓶座)が、どのハウスカスプか、あるいはナニか天体が入っているかを意識してください。
そのハウスマターをきっかけに情報は得られるはずですし、そこに天体が入っていれば、それも意識しましょう。
私の場合、双子座が7ハウスカスプなので、とりあえず、パートナーや仕事の取引先に聞いてみます。

山羊座に天体が、たくさん入っていて、蠍座の木星、火星とトライン。すべての天体が、順行しその天来らしさを、主張していて、あっけらかんとしています。
権力や実力といったパワーを行使して、なにが悪いの?、てっぺん目指してなにが悪いの?という新月です。
この新月が満ちる時は31日の月食になります。
この月食は、社会、組織や自分の社会的地位の変化にともなって、自分の「居場所」が根底からひっくり返るような月食になります。

立場がかわると見えてくるものも、変わります。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク