メール鑑定

土星 天王星 トライン 2018年

山羊座の土星と牡牛座の天王星がトラインといる調和的な配置をとります。
今回は、ぴったりその角度をとるのではないのですが、だいたい2018年の7月から10月にかけての夏の間の社会的な雰囲気、あるいは個人のベースとなる気持ちに影響があります。

前回、このふたつの天体がトラインという調和的な配置をとったのは、土星が射手座、天王星が牡羊座にあったときです。
ピークは三回あったのですが、だいたい2016年2月の春先から、2017年12月ころまででした。
この間は、声の大きなものが強い、私やります!と言った方が強い配置で、その間は、個人の意欲や精神性が強調されていました。
2017年12月の射手座土星と、牡羊座天王星については、こちらの記事で。

今回は、土のサインでこの配置がおこり、また、この間、天王星、あるいは土星が逆行しています。
だいたい、トラインになってるかなあ、という配置の東京でのチャートです。
2018年8月1日 

それまでのように、外にむかって仕掛けていくのではなく、自分がナニかできるのかを再確認し、そのなかから確実なものを、現実化していくことになります。
社会のなかでは、過去を振りかえり、修正すべきところは正しながら、できることをしていくことになります。

また、このあとの土星と天王星の調和的な配置は、2047年に起こります。
そのときは土星が山羊座にあり、天王星が乙女座です。

実際に感触のあるもの、確実なものを現実化していこうね。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク