メール鑑定

牡羊座での水星逆行 2018年

3月23日から、牡羊座で水星が逆行を開始します。4月15日まで。
水星は、交通、情報、コミュニケーション、商いの星。
逆行によって、計画の見直し、復縁、仕切りなおしなど、前へ進まず、見直す時間となります。
これは、「悪い」ことではなく、必要な見直しであり、時期を待つことになります。
この間は、交通のトラブルや通信機器の故障、情報の行き違いに注意が必要です。

順行から逆行へ、あるいは逆行から順行へと方向転換する日は、動きが止まっています。
最も注意が必要なのは、この動きのない日です。こちらの記事で。
動いてナンボの水星が止まっているとき。
逆行開始の3月23日と終了の4月15日は、時間と心に余裕をもって、おでかけください。

また、水星が逆行の位置に戻るのは、5月4日。そのあたりまで、影響が残ることがあります。

今回は、牡羊座のなかで水星が行ったりきたりです。
牡羊座では、水星はせっかち。言葉より先に動いた方が早いので、ちょっとコミュニケーションが苦手なところがあり、誤解されそうなのは注意して。
また、天王星が近くにあり、突発的な出来事があったり、あの企画、どうなったっけ?と過去の案件が逆転でコンペで勝ってみたり、競技では意外な結果が待っているかもしれません。

逆行開始時の3月23日の東京のチャートです。

ちょうど、冥王星と強い配置です。冥王星のある山羊座には、火星と土星もあり、あまり考えずに言葉にしてしまうと、トラブルになりそうなので注意して。
また、気持ちがアツくなって、組織のルールから外れてしまうのは、本意でなくても避けたいところです。

そのあと、逆行している水星は、3月31日の天秤座の満月、ブルームーンの日に太陽に重なります。
活動宮のTスクエアという配置となります。
この満月をピークとして、相手との会話、相手の反応から動きが始まるのですが、正確な情報やデータの裏付けのない可能性があります。自分の居場所を確保しようという心配からのコミュニケーションの過剰なのですが、誤解のないように。

しかし、この日には金星が牡牛座に入ります。
人間関係にじっくりと時間をかけて、信頼を得ていくようになるので、この満月をピークとして、水星逆行のなかで誤解がとけて、強い結びつきとなる可能性もあります。

水星逆行のひとつに、過去との再会、というキーワードもあります。
一度、別れても、まだ縁がある「復活愛」であるなら、この日から4月15日までに復縁があるでしょう。
ただ、最初に書いたように、水星が順行にもどる前日は、すでに動きが止まっているので、あまりギリギリで時間があるわけでは、ありません。

水星が順行になり、動きだすときには、牡牛座の金星と山羊座の火星の調和的な配置が残っています。
ここも、恋愛成就のポイント。
復活愛でなくても、うっかりホンネがでてしまって、それがよい情熱的な関係になることもあるかもしれません。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク