メール鑑定

土星逆行 2018年

 
土星が山羊座で逆行を始めます。
4月18日から9月6日までですが、4月15日のあたりには動きが止っている状態なので、そのあたりから影響が始まります。

遠くの天体なので、細かい天体配置は関係ありませんが、逆行開始時の東京のチャートです。

山羊座の土星は、社会的なルールや組織のシステムを構築したり、常識を守る事や、実績として示すことを進めているのですが、その動きが素直にでなくなってきます。
個人としてあまり実感のないかもしれませんが、社会的な流れとしては、見ることができます。

この逆行の時期は、個人としては、社会的規範や良心から外れて、別の視点からモノゴトをみる時期です。
法律や組織から外れた部分で、どうするかと考えるかもしれません。
社会としては、常識やルールを外れた運用をすることが大きくでることがあります。

この時期には、火星が山羊座から水瓶座を、逆行を含めて運行します。
夏には火星が最接近する「アツい」時期です。
この山羊座から水瓶座を運行する火星は、権力と個人というのもテーマです。
組織、現状のルールと、未来に向けての個人の権利、主張、個性をどう折り合っていくかというテーマがあります。

4月18日には木星は逆行中。
蠍座の木星の「裏切りは許さない」ところから、飛び出していく個人がありそうです。
火星、土星の動きからして、飛び出す強さがあるかどうか、がポイント。
もちろん、フェアネスの要求を掲げて、大きな圧力に対抗するのもアリだと思うのですが、全員がそうであるはずはなく、この圧に巻かれていくのも方法だし、権力側に立つこともあるでしょう。

そして、大きなイベントとしては、天王星が牡牛座に入ります。
豊かさとはナンなのか、という価値観の変換がおこります。

この逆行が終わるのは9月6日。
この時期には、あるべきモノがあるべきところに落着いています。
価値観の転換だったり、大騒ぎしたり、争ったりのあとで、「じゃあ、実際、どうしたらいいのよ?」という実務を粛々とこなしているところです。
この半年後は、見えてくる結果もありそうなので、ちょっとガンバ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク