メール鑑定

天王星が牡牛座へ 12星座

2018年の大きな天体イベントのひとつに、天王星の牡牛座へ移動があります。ここでは、12星座ごとに見ていきます。
書いていたら長くなってしまったので、いくつかに分けることにしました。

最初は、過去の天王星の移動から、みてみました。
前回は、生活に関してどうなるのか、をみています。

少し重複しますが、思い出しながら。

2018年5月16日に天王星が牡羊座から牡牛座に移動します。
天王星は、2010年3月に一度、牡羊座に入りました。
その後、本格的に牡羊座に入ったのは、2011年3月12日。東日本大震災の翌日。
今回は、2018年5月16日に牡牛座に入ったあと、11月に牡羊座に戻ります。
その後、2019年3月6日から、本格的に牡牛座に移動となります。

だいたい、こんな感じです。途中の逆行は省略しています。

天王星は土星の外側にある天体。
土星は、社会や規則といったこの世の規則を示しています。個人では、人生の到達点を象徴します。
天王星は、その外側なので、土星の示す枠を壊して、新しい価値を見いだしていく天体です。
一方、牡牛座は、土のサインに区分され、実際の五感や身体を示すサイン。さらに、身体、生活を維持するためにお金、経済も象徴します。

2011年の天王星の牡羊座へ移動は東日本大震災の記憶とともに、大きな衝撃がありました。

今回、天王星が牡羊座から牡牛座にサイン(星座)を移動するので、また、あのような自然災害や大きな事故が起こるのではないか、と感じている方も多いかもしれません。
しかし、前回は活動宮の牡羊座に入ったので、急激な変化を象徴していたのですが、今回の牡牛座入りは、不動宮への移動であり、そのときの天体配置からは、そのとき、すぐという変化はでてこないと考えています。

しかし、2018年の春分のチャート(天体配置)では、自然災害、地震や火山などの地面が動く事が象徴されている配置なので、天王星の牡牛座入りとは別に、この1年はいざという時の準備はしておく方がよいと思います。春分のチャートについては、こちらの記事で。

12星座ごとに、天王星が牡牛座に入った以降の流れをみていきます。
すぐに実感できるものではないかもしれませんが、今後、数年の流れとなると思います。

牡羊座
2011年以来、あなたの星座の上に天王星があり、山羊座には冥王星がありました。
「自分らしくやってみたい」一方で、世間のしがらみや常識のプレッシャーがあり、かなり忙しかった方もいる一方で、思うように動けなかったという方も多かったと思います。
天王星が牡牛座にぬけると、この数年のプレッシャーから解放されて、ああ、あの焦りが天王星だったのか、と感じるかもしれません。
そして、天王星が牡牛座にぬけたあとは、その突然の方向転換に対しても、焦ったり、衝動的に行動をすることがなくなっているはずです。
一方、あいかわらず、山羊座には冥王星、土星など天体があり、まだ自分の生き方に突然の方向転換がある配置は続きます。今後は、それにともなって、収入の変化もあるかもしれません。
まずは、落着いて、自分が何ができるかを確認して、着実に身につけていくことになります。

牡牛座
天王星は公転周期がだいたい84年。人の一生で、自分の太陽サインの上を通り過ぎるのは、1回です。
(まあ、ざっくりと、です。人によっては2回ある方もいるし、1回もない方もいます)
こんな事は今生は、もうないので、これからの数年は貴重な数年となりそうです。でも、それは「貴重」とはいえ、ラッキーで安穏という事ではありません。
これからの数年で、自分の人生、生き方を再設定するような変化もありそうです。それは、すぐに変化するわけではなく、数年後に、全く別の方向を向いているというような、ゆっくりと舵をきっていく船のような変化です。
一方、2020年までは山羊座に冥王星、土星のある時です。リストラクションしている社会に、対応すべく自分を変えていくのは、牡牛座のあなたにとってカンタンなものではないはずですが、それが実績になったり、キャリアアップにつながります。この先数年は、時代の主役は牡牛座です。じっくりとやってみましょう。

双子座
2017年の年末に射手座から土星が抜けた時期から、少しホッとしているかもしれません。
この2,3年は、やることなすこと、上司や先生にガミガミと言われていたはず。そういった上司がいなくても、自分自身の設定したゴールや仕事の責任にトライアンドエラーの毎日という、うんざりした日々だったはずです。
そのうえ、魚座にある海王星からは、「空気読めよ」だったり、まったく具体性がない「なんとなく、こっちの方向で」という提案につきあわされて、振りまわされていた日々だったと思います。
なので、天王星が牡牛座に入るって事も、「ソレって美味しいの?」と思っているかもしれません。
でも、しかし、です。
天王星は2025年に、牡牛座の次に双子座に入ってきます。そのとき、ネットワークや情報といった分野で、アクティブになるのは双子座です。カンの良いひとは、そろそろ感じていると思います。その準備という意味でも、見えないつながりや、努力は無駄になりません。

蟹座
山羊座に冥王星があり、牡羊座に天王星があったこの数年は、自分のやることに対して、いろんな人から反応があったり、あるいは、いろんなプロジェクトに巻き込まれていた忙しい時だったと思います。
特に、いま(2018年5月)は蠍座に木星があり、気持ちの通じる仲間や家族が、あなたの周囲にはきっと集っていて、にぎやかだと思います。
山羊座の冥王星の示す社会不安に対し、この蟹座の安心感は強みとなっています。
しかし、この2018年5月に牡牛座に天王星が入ると、ただ安心なだけ、ではなくなってきます。
目前の相手に対する気持ちとは別に、それが将来につながっていくのかという事を考えるようになります。
安心、安定した将来は、しっかりとした収入や経済基盤が不可欠です。
それを考えると、自分が頼られているだけの経済的な関係や、単に安心なだけで一緒にいる相手とは、関係が切れていく事もあるのです。
今の気持ちと将来の生活、お金は別モノです。そこを切り分けていくのが蟹座のテーマのひとつです。

獅子座
過去数年は、良くも悪くもオーディエンスからの反応もあり、自分らしさを主張していたのですが、天秤座から木星が蠍座に移動し、じっくりと相手の反応をみていくようになり、また、射手座から土星が抜けるた最近は、なんとなく生きがいがないように感じていたかもしれません。
しかし、牡牛座に天王星が入ると、あるいは、牡羊座から牡牛座に天王星が入る時期は、社会的な立場や仕事での転換期となります。
それはこれから数年続くもので、あなた自身の仕事や、社会での目標が変わっていくことになります。
仕事自体については、山羊座に土星や冥王星があり、以前から職場でのリストラだったり、会社自体の変化もあったかもしれませんが、この天王星はそういった環境の変化とは別に、あなた自身の転換を意味します。
そうはいっても、自分らしさをなくしては、獅子座の存在意味がありません。
動かしがたいものを動かしていき、自分らしさを追求する強さを求めてこそ獅子座だと思うのです。

乙女座
海王星の「なんとなく、みんなが良い感じで」というアヤシい要求と、土星の「でも、自己成長につながる理想とするものでないとダメ」という厳しい要求の間に、せっせと現実にできることをやってきた乙女座は、かなりストレスフルな数年だったはずです。
その土星が山羊座に抜けて、じゃあ、実際に会社の実績はどうなのよ?数字につながってるわけ?と、これまた、別のところから、言われているのですが、むしろ、実際の数字だったりデータを示すのは、わかりやすいし、乙女座の得意とするところ。最近は、忙しさのなかでも社内の立場、目的がハッキリしてきた方も多いと思います。
牡牛座に天王星が入ると、今いる会社自体の倫理観や、理念、あるいは目指す方向としては、それでいいのか?というというところに視点が向いていきます。その結果、組織に対して斬新な提案もしていくようです。
具体的に何を示したり、仕事として実績を残すのは乙女座の得意とするところです。あなたの実力が証明できるはずです。

天秤座
この数年、牡羊座に天王星があり、自己主張と対人関係のバランスに悩んでいたかもしれません。また、家庭においても、家族の関係も見なおす事もあったと思います。
対人関係では、普通以上に思い入れをしていた相手もあったうようで、それが原因で、周囲とのトラブルもあったと思います。
また、山羊座には何かとメンドくさい冥王星があります。むしろ、2017年の年末に土星が山羊座に入ってきて以降は、そのメンドくささの現実的な解決方法が見つかったこともあったかもしれません。
天王星が牡牛座にはいると、その人間関係において、そのつきあいの深さがテーマとなります。
深入りした関係は、自分が得るものがなければ、切れていきますし、家族の問題も、借金も含め、お金をどうするかという、現実的な問題を切り分けることで解決していくと思います。結婚もこのテーマに含まれるようです。
天王星の入る牡牛座とはバランス感覚が共通ワードです。あまり深い関わりは得意としていないかもしれませんが、関わることで得られるものも大きいはずです。人間関係のバランス感覚が発揮される数年になります。

蠍座
今(2018年5月)には木星が蠍座にあり、自分の感性をアンテナとしてやってくるものを受け止めている忙しい時です。また、山羊座には土星があり、個人として動くことより、組織や団体として動いていて、実績をあげている方も多いと思います。
そこに、牡牛座に天王星が入ってきます。いままでは、組織のために、という目的だったのですが、今後は、個人同士として、対人関係がテーマとなっていきます。
自分とはあわない相手とは、この際、切れていく関係もありますが、一方で、会社は儲かったでしょう、株価もあがっているでしょう、でも、あなたのお給料は上がっているの?個人としてフリーランスとしてやっている方が、いいんじゃないの?というお誘いもあるかもしれません。
しかし、蠍座の考える「見返り」は、お金とかモノばかりではないはずです。今後、数年をかけてじっくり考えるテーマです。

射手座
2017年の年末までの3年、射手座に土星がありました。なんとなく、いつもこれでいいのか、という疑問を抱いていた時だったと思います。
魚座には海王星があり、じわじわと夢のような理想を語ってくる一方で、みんなの空気を読めよ、というプレッシャーもかけてきました。
また、牡羊座にある天王星からは、そんなプレッシャーに負けるのは「らしくない」とハッパをかけられて、この数年で、大人の振るまいも身につけてきたと思います。
今は、土星は山羊座に移動し、2018年11月には射手座に木星が入ってきます。
射手座の本来の伸びやかさがいよいよ、発揮されていくはずですが、牡牛座の天王星はこのとき、すべきことをしなさいと伝えてきているはずです。世の中に出していけるスキルがあるかという問いかけだったり、働いていける健康な身体かとうかであったり、という「その次」を見越しての問いかけです。射手座は「その先」を見越しながら動いていく事になります。

山羊座
この数年の冥王星のプレッシャーを感じている山羊座ですが、2017年年末に土星が山羊座にやってきて、実は、ほっとしているところもあるのではないでしょうか。
冥王星のわけのわからないプレッシャーより、土星の見えるテーマのほうが、わかりやすく現実的な解決がみえてきたはずだからです。
しかし、この数年は、牡羊座にあった天王星からは、個性を尊重していない、とか、個別の事情がわかっていないという反発もあり、組織の実績や、自分の立場がなくなってしまう事も多くあったかもしれません。
これから天王星が牡牛座に移動すると、こうした周囲のプレッシャーから少しずつ解放されていき、あなたらしさを再発見することになります。
自分らしく、あるいは自分のしたいことを主張して、自分の人生のゴールだったり、生きがいの再発見をしていく数年になります。

水瓶座
この数年、比較的マイペースだったのが、水瓶座です。
牡羊座に天王星があったときは、個性を大事にしていたので「まあ、いろいろあるけど、それもまた楽しいよね」という余裕もあったかもしれません。
しかし、2017年11月に蠍座に木星が入るあたりから、誰とで均等につきあうという関わり方が難しくなってきたかもしれません。
「いろいろあるけど、楽しいよね」って言うけど、あなたって、味方なの?敵なの?と問われることもあったと思います。
牡牛座に天王星がはいると、今度は、相手にとっての自分がどう見えるかというより、自分から自分の立ち位置、自分の根っこを動かすことになりそうです。霊的根拠の見なおしと事もありますが、実際には、家を引っ越ししたり、拠点としている仕事の場が動くかもしれません。
理論では割り切れない、実際の生活や体験を通した実感から、自分の立ち位置を数年かけて見直すことになりそうです。

魚座
ここ数年は、魚座に海王星があり、自分の目標がみんなのためにもなる、という生きがいを見つけた方も多かったと思います。
2017年12月に射手座に土星があった頃までは、みんなのため、といっても理想にかなっていないとダメ、というプレッシャーがあったのですが、それも、まあ、そんな事もあるよね、という程度だったと思います。
しかし、そのあたりまでに見つけた目標は、実は将来、続けていけるのか、とか、組織として成り立っていないのではないかという部分で、なかなか現実化していなかったかもしれません。
牡牛座に天王星が入ると、この自分の目標が、現実に踏み出すことになります。
ただ、イメージだけではなく、実際にどうやって現実化するのか、という部分から始まっていくはずです。
実際にやるとしたら、理念や理想より、実際に目標を現実にするノウハウだったり、自分の能力はあるのか、とか、資金はどうかとか、「みんなのために」という夢からは、ミもフタもないように感じますが、現実化はそこからスタートしはじめるようです。

スポンサーリンク