メール鑑定

射手座満月 2018年 ウエサク祭

射手座で満月があります。5月29日東京でのチャートです。

この日は、ウエサク祭。ウエサク祭の満月です。
ウエサク祭は、もともと仏陀、仏さまの誕生、さとりを開いた日、入滅のお祭が、もとになっています。

ブッダの誕生日とされているのは、4月8日の花まつりですが、一方、仏教の宗派のひとつである上座部では旧暦6月の満月とされています。
なので、お花まつり、降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)は、4月8日に行ったり、そのちかくの週末だったり。
あるいは、旧暦だからひと月遅れという事で、連休のゴールデンウィークのどこかで行ったり。
また、きっちり旧暦をとると6月の満月だったりします。

誕生日だったり、さとりの日だったり、あるいは、二ヶ月も巾があったり。
何回誕生日があるの?仏さま?とも思うのですが、仏教では、亡くなった方のナン周忌という法要、法事も、その周辺のみんなの都合のつく日曜に行ったりするので、そのあたりのゆるさは、オッケーでしょう。

なので、まあ、ざっくりと5月の満月がウエサクの満月。
ちなみに、今年の旧暦の6月の満月は、6月28日の満月になります。夏至の時期の満月なので、ストロベリームーンでもあります。
この満月は、山羊座の土星の近くで満月となるので、昨年末からの節目、結果ともいえる満月になっています。

どちらの月も、ウエサク祭の満月は、とてもパワフルな月で、霊的な刺激や気づきも多い満月です。
そして、ウエサク祭の月は、いつも冴えていて、涼やかな音がするような満月だよなあ、と思っています。

この5月29日の満月は、射手座で、ゆるく火星と調和的な配置で、太陽以外にほぼ組み合わせがありません。
これをウエサク祭りの月とみると、射手座の満月なので宗教的な月であることが読み取れますし、12ハウス水瓶座の火星は、世界中で見えない祓いと祈りがされている象徴でしょうか。

また、火星もあるので、見えない部分での「闘争」テーブルの上では握手をして、テーブルの下では足を蹴り合うようなブラックな戦いもあるようです。これは、米朝会談をめぐるかけひき。
ブラックな水瓶座の戦いといえば、言語外の圧力とそれに対する個人の戦いもあります。
日大のアメフト部の選手が組織に対して一人で、会見をした事、あるいは、実名を出して狛江市長に対しセクハラの抗議文をだした事は、このあたりでしょうか。

太陽は、4ハウス双子座。月は、10ハウス射手座。ほぼ天頂にあります。
自分の軸足をしっかりと確認したうえで、社会のなかで輝く月です。火星とゆるく調和的な配置なので、そこに至るまでには自分自身、見えない理論武装や努力もしてきたはずです。
ただ、あまり他の天体とのアスペクトがないので、信じるものは自分だけ、射手座なので、自分の理想ひとつだけを友としているような孤高な月です。
太陽は、11ハウスの土星と不調和な配置。
太陽においてしっかり足もとを固め、準備をすすめてきた自信が、あとは理想にむかっていくだけという月を支えているのですが、社会的に何を実績として残せるか、将来継続可能な組織の枠のなかで、残っていくものなのか、と山羊座の土星に指摘をされています。

木星は蠍座にあり逆行中。海王星、金星とともにトライン。
私もあなたの気持ちも同じであることが、当然。
人間関係を信頼し、気持ちがひとつであること共感や直感で進もうとしています。
木星が逆行しており、金星がOOBなので、最初は軽い気持ちで始めたことが、依存に至るような楽しさだったり、突飛な感性や人間関係に依存することもアリとしている閉じた世界にあります。

アセンダント(地平線)は、水瓶座。
ルーラーの天王星は2ハウス牡牛座にはいったところで、ゆるく火星とスクエア。
ここはさっぱり、ぱっきりした空気があります。

この満月は、牡牛座の新月の満ちたものです。
「それって楽しいワケ?」という問いかけに対し、見えない所で重ねてきた努力、準備が下地となって、自分の理想、思いを出していこうとする月です。しかし、これはあくまでも月なので、感情先行であり、決意を表明しているという所です。
それに対し、将来まで継続可能なのか、ある程度のレベルには達しているのか、というストイックな問いかけと、
周囲は、空気を読めよ、というねっとりとした圧力があります。
実は、そこに留まることもできますし、人間関係に依存することもできます。
でも、それを、さらっと振り切ってあっさり決心し、孤高に輝く満月のようです。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

鞍馬寺 ウエサク祭について

スポンサーリンク