メール鑑定

金星のアウトオブバウンズ 2018年

金星がOOB(アウトオブバウンズ)という配置をとります。同じサイン(星座)のなかでも太陽から離れた位置を運行するので、金星のもつ特長が良くも悪くも強調されることになります。

この金星が強調される期間は、5月7日頃から6月8日頃まで。
まず、最初の頃の5月7日から12日あたりまでは、金星の悪い面が強調され、5月29日から6月8日は、やや微妙ですが、金星の良い面も強調されます。

いずれにしても、楽しいこと、美しいこと、グルメ、アートや音楽というものを楽しむには良い時期ですが、太陽というシバリから遠くなるので、それが過ぎる事も多く、そうなると、享楽的であったり、モノにこだわってしまったり、お金にややルーズになるようです。
また、人間関係では情緒的なつながりが強調されます。おつきあい、交際が活発になるのは楽しいです反面、友情や仕事の関係と恋愛、プライベートの関係の区別ができなくなってしまったり、自分勝手に盛り上がってしまうのも注意が必要です。

特に、最初の5月7から12日あたりまでは、海王星とのスクエアという配置なので、アルコールやドラッグに快楽を見つけていくような配置です。依存という問題がありそう。
お酒やドラッグへの依存だったり、パートナーへの甘えだったり。
双子座にある金星なので、新しいものなら何でも楽しい、情報をサーチする楽しさがあるので、ネットやSNSにハマってしまうという事もありそうです。

また、5月29日あたりからは、海王星、木星とともにトラインという配置であり、そこに冥王星、月がからんでいます。
この配置では、必ずしも金星だけが強調されるわけではありません。生活が楽しいのは、気持ちが通じているから、職場では気持ちをひとつにして仕事をするのは当然という配置になっています。
しかし、この「当然」という空気は、時に、相手、仲間に対する甘えとなりがちです。この閉じた世界に、社会のなかでの自分の役割を考えるときに、それだけでは難しいよね、という問いかけがおこる事になります。

いずれにしても、このひと月は、とがったアートや音楽の登場、または、そういった分野でのスーパースターやカリスマの登場があるかもしれません。

ほどよく、楽しもうね。

スポンサーリンク