メール鑑定

獅子座での水星逆行 2018年

7月26日から、獅子座で水星が逆行を開始します。8月19日まで。
水星は、交通、情報、コミュニケーション、商いの星。
逆行によって、計画の見直し、復縁、仕切りなおしなど、前へ進まず、見直す時間となります。
これは、「悪い」ことではなく、必要な見直しであり、時期を待つことになります。
この間は、交通のトラブルや通信機器の故障、情報の行き違いに注意が必要です。

順行から逆行へ、あるいは逆行から順行へと方向転換する日は、動きが止まっています。
最も注意が必要なのは、この動きのない日です。こちらの記事で。
動いてナンボの水星が止まっているとき。
逆行開始の7月26日と終了の8月19日は、時間と心に余裕をもって、おでかけください。

また、水星が逆行の位置に戻るのは、9月2日。そのあたりまで、影響が残ることがあります。

今回は、獅子座のなかで水星が行ったりきたりです。
獅子座では、水星はオーバーアクションでモノゴトを伝えていきます。
自分がどれだけ、感動しているかとか、どれだけ大きな出来事なのか、というのを自分のモノサシで伝えるのですが、それがやや、他人から見るとオーバーだなあ、と思ってしまう事があります。
なので、情報の混乱や、間違いという事から、「私は、ゼッタイ、言いましたからね」などと、大きく伝えたあとに、実は間違っていました、という事になると、がっくりと落ち込んでしまいがちなので、ちょっとアヤシいかな?と思ったら、早めに確認、振り返ってみることが重要です。

逆行開始時の7月26日の東京のチャートです。

逆行を始める水星は、ほぼ他の天体と組み合わせがありません。
自分のことだけに意識が向いており、あまり周囲との調和や、関係を気にしていない状況です。

周囲はといえば、火星は逆行中で地球に接近しつつあり、「意欲」「闘争」という部分や、「復讐」「過去の再燃」というテーマも注目されているところ。
さらに、この火星は、月に近づいていき、このあとすぐ28日には月食の月の近くにあります。
つまり、感情に火がつきやすい、しかも、戦いとか復讐というきな臭い部分に火がつきやすいのです。

つまり、水星逆行につきものの、ラインの誤送信や、メールの未送信などのちょっとしたトラブルが起こった時に、「私はこう思う」と自分の主張だけをしたり、「私は、間違っていない」という自分だけに意識が向いて、「ちょっとした」トラブルから、大火事になってしまいがちなので、注意してください。
なので、この時期の情報伝達や会話などでは、自分勝手に解釈して、オーバーアクションにしないで、まず、自分のミスではないかと確認したり、他の解釈はないかと誰かに相談することをおすすめします。

ついで、8月7日から9日かけては、この水星は、獅子座の太陽、パラスと重なります。
その間、天王星も逆行に転じるので、社会的にもやや騒がしい時期になります。火星も逆行中。
このあたりは、水星は逆行のスピードもでているのですが、周囲の天体配置が騒がしい状況なので、情報の混乱や行き違いが、トラブルのきっかけにならないよう注意して。
この水星逆行に限らず、8月下旬までは、ややガタガタした状況になりそうです。

蠍座に木星が入って以降の、1年としての流れから見ると、セクハラの告発が #MeToo というハッシュタグをつけて広がっていますが、さらにその動きが社会的に平等をもとめる動きになっていくかもしれません。
社会的には、性的少数者(LGBT)であることを理由に、社会的権利が損なわれている事に対する動きや、第三者が本人の同意を得ずに明らかにする「アウティング」を防ぐ動きも広がっていくと思います。
個人も組織のなかでどう動くかという事がテーマになっています。蠍座の木星については、こちらの記事で。

ただ、この時は、水星が逆行しており、海王星とやや不調和な配置であるので、この時は前向きの流れにはならないようです。
この8月上旬は、セクハラの告発やLGBTの社会的な権利の平等性への動きも、雰囲気に流れてしまうだけだったり、周囲からの圧力がかかる状況や、ウワサなどからのアウティングもあるかもしれません。
個人の動きでも、自分が組織のなかで権利を主張することは、やや不調に終わりそう。
なので、こうした主張をするのであれば、この時期を外して、水星が順行にもどってから、9月以降の方がよいかもしれません。

その後、火星が最接近し、8月8日からは天王星も逆行へ。9日に太陽と水星が合。
このあたりは、さらに注意が必要で、「言った、言わない」という事が自分を否定されてしまう感じも受けるかもしれません。
でも、まずちょっとした行き違いで始まっているはずなので、あれ?と思ったら、まず相手を責める前に自分をチェックたり、誰かに相談することで早めに謝罪と対策。
それから、大きな事ではない、と冷静に考えることもひとつ。

8月11日には、日本では見ることができませんが、部分日食の新月があり、13日には火星が山羊座に入ります。
水星逆行が終了する19日くらいまでは、火星が太陽から離れているので、ガタガタした雰囲気は続きます。
しかし、そのあたりからは、全体の方向性は見えてくるはずなのです。

本格的にモノゴトが進み出すのは、火星の逆行が終了する8月27日、あるいは、水星が逆行前の位置に戻る9月2日あたりには、落着いていきます。

この水星逆行は、正しく自己主張するのがテーマ。
それができれば、感情ややる気とは別に論理的な議論ができ、過去にくすぶっていた事が解決していきます。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク