メール鑑定

宮島 夜の大鳥居

今回の目的は、弥山にあがるのと、もうひとつ、宮島に泊るというものです。

神社に泊る、というのは、とても気持ちのよいことです。
神社境内では難しくても、近くの宿泊施設はおすすめです。
お寺の場合は、宿坊になります。
宮島に泊るのは、それと同じだと思います。

そういったわけで、夜にもう一度、厳島神社に行ってみました。
拝観時間がすぎていたので、本殿には入れませんが、大鳥居までは潮が引いていて歩いていけました。

宿をでると鹿がいました。
「玄関開けたら鹿」とか「暗闇に鹿」は、慣れてないのでびっくりします。
「どこ行くの?」うん、そこまで。

sika2

灯篭に灯りが入っています。

yoru1

鳥居の下まで歩いていけました。
ライトアップされています。レンズの関係で黄色っぽく見えます。

yoru3

yoru4

海からの波と、厳島神社からの水が、ちょうど目の前で、であいます。
ちょっと暗くて、カメラでは難しい。

yoru6

厳島神社の本殿のなかの灯りが見えます。
海をみていらっしゃるようですね。
昼間よりむしろ、本殿のなかにいらっしゃることを感じます。

yoru5

しばらくそれを見ていたら、潮があがってきました。
向かって右側の鳥居の脚の部分、潮が上がってきています。
山からの水、海からの水、それがよりあわさっていきます。

yoru7

大きいなあ。
なんか日本離れしたスケールだったなあ、と感じました。
宋との貿易を目指した清盛のスケールを感じます。

yoru8

厳島神社 公式サイト
宮島観光協会

スポンサーリンク