メール鑑定

新・東京五社 2013年1月・2神田明神

八雲さんの「新・東京五社巡り」(くわしくは こちら  )その2

次に神田明神へ。


最近は秋葉原の氏神さまとして、AKBのメンバーの成人のご祈祷のニュース AKB新成人メンバーお披露目 がありました。

こんなウキウキするようなニュースも似合う神社です。

随神門から一礼して伺います。この門もとても華やか。

御社殿は台地に立っていて、明神下や裏参道は急な階段になっています。

神社というカタチのない古い時代、海がもっと近かった時代、ここは海に面した聖地ではなかったのでしょうか。


境内からふと見ると、スカイツリー。新しい東京の象徴。タワーは天と地をつなぐもの。

胸が開いていきます。


御社殿もとても華やか。お祭りのお囃子が聞こえてきます。

ドキドキします。

八雲さんによると「火」「男性の縁結び」の神社。
御祭神の男性的な活動的なパワー。祭神の順でいうと、大己貴、少彦名が先なのですが、平将門を強く感じます。それから、江戸っ子の神様。ああ、楽しいな、という感じ。


ご挨拶をします。
ドキドキ、ウキウキのアタマにのぼった気持ちを冷ましてくれるのが、こちらの滝。
東京大神宮の滝が自然な日本の森を連想させたのに対し、こちらは獅子が遊んでいます。
獅子の遊んでいる様子。こちらも、ころころ、ウキウキしています。

この獅子山の前でゆっくりするか、御社殿の境内の真ん中あたりで東京スカイツリーを見ながら。

御社殿の後ろの末社や大黒様が面白いのですが、またいずれ。
一礼をして、辞去させていただきました。

神田明神ホームページ ( http://www.kandamyoujin.or.jp/  )

辰巳の辻占-201301神田明神2
辰巳の辻占-201301神田明神1

辰巳の辻占-201301神田明神3



スポンサーリンク