メール鑑定

鳥越神社 日本武尊と将門公と妙見さま

鳥越神社です。
祭礼や酉の市で有名、という事くらいの知識しか、ありませんでした。
祭礼と市、なので、江戸の印象もっていたのですが、
来てみて、すごく古いところなので驚きました。

tori1

鳥居の下、橋がかかっています。
川はないのですが、手水舎の水が流れています。
結界もしめしています。
神社として格の高さを感じます。
そして鳥居は、鳩山一郎さんから。
tori8

お正月にうかがいました。
tori7

うきうきした波動。
これは、お神輿は盛り上がりそう。
tori4

こちらは、平将門公の胴が埋まっているとされ
首が飛び越し(とりごえ)ていった、というイワレもあるようです。

神田明神も将門公にゆかりのあるところなのですが
怨霊としての将門公というイメージは、感じませんでした。
一度、首塚をはじめ、北斗七星に並んでいるという場所に
うかがってみないとね。
平将門と北斗七星については、玄松子さんのページが詳しいです。
平将門魔方陣 「将門は神になれたか」

でも、このパワーはなんなんだろう、と帰ってから
とても気になっていました。

この鳥越神社には、いくつものシンボルが集まっています。

まず、もともとのご祭神の日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
この方に由来して、もともとは白鳥神社と称されたそうです。

ヤマトタケルノミコトは、
亡くなったあと、白鳥となって飛び立ったとされています。
千葉神社の公式ページをみると、白鳥となったヤマトタケルノミコトは
北天(=妙見様)に旅立ったという伝説があるそうです。
妙見様とは、北極星のこと。
または、北極星を含む北斗七星への信仰をさすこともあります。
千葉神社は、妙見信仰です。
千葉神社のご祭神についてのページ。

また、鳥越神社の宮司は
妙見信仰の千葉氏の千葉神社を祖先にもちます。
また、酉の市のトリは、白鳥のことです。
鳥越神社のサイトに千葉氏についてのページが、あったのですが、そこだけ削除されていました。

話は、思い切り飛びますが、
この千葉神社もおもしろいところです。
拝殿の二階にいくと、星がぐるぐるとまわるイメージがうかびます。
千葉神社については、また今度。

そして、将門公は、もともと妙見信仰をもっていました。
円泉寺の妙見信仰についてのページ。

ヤマトの英雄とされる、ヤマトタケルノミコトと
ヤマトへの恨みをもった、平将門公。
その二人が、
この鳥越神社で北極星とキイワードとして、結びついています。
土地神様としては、最強のタッグ。
江戸、東京のパワーの一端です。

鳥越神社 東京都神社庁のページ

スポンサーリンク