メール鑑定

天上の舞 飛天の美

初詣に、サントリー美術館の

「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」展へ。


気持ちのいい展示でした。

あまりに気持ちがいいので、頭のうしろから魂がぬけるかと思いました。


飛天に実際に、さわって結縁できる展示もあって、

注意書きに、指とか衣は壊れやすいから注意してね

と書いてありました。

また、この飛天「も」、魂が入っている、ともありました。

そのせいか、どこにも書いてないのに、

みなさん、触れる前やあとに、合掌されています。


この飛天も、修復されたあと、平等院鳳凰堂にかかげられるそうです。


来迎図や曼荼羅もあって、ごくらく、ごくらく。


展示の最初にあったように天使も飛天、なんですよね。

それから、鳥のような迦陵頻伽(かりょうびんが)もかわいい。

ヒトというか鳥というか、無心の生き物。

仏さまの飛天もあるのですが、

天と地のメッセンジャーである飛天、水星、天使は無心。

善悪、よしあしではなく。子どものように。


明日にかけて、水星がつくる星の配置もあったな。


もし、お時間があえば、ぜひ。


サントリー美術館 「天上の舞 飛天の美」 ( リンク  )


20140105

スポンサーリンク