メール鑑定

新東京五社 2015年3月・8 東京大神宮

新東京五社は、江戸城を中心にして5つの神社をまわります。
円にすることで、「縁結び」です。
DSC00589
東京大神宮から東京大神宮へ、もどりました。

今回は、まさかの迷子にもなったり、
どこにいっても、ゆったりめでしたので、
もどったら、すでに夕方。
駅の出口も途中の道も知っているので、
東京大神宮から、東京大神宮まで、
3時間くらいでまわるのですが、
今日は、まさかの5時間。笑うしかない。

列はできていませんが、参拝の方は絶えません。
DSC00604.1

境内にある椅子にすわって、河津桜としだれ梅を。
DSC00604.2

DSC00604.3

伊勢神宮の感じがする神社だなあ、と思っていたのですが
伊勢神宮に行ってみると、
やはりここは、「東京の」神社なのだと思いました。
あたりまえ。

参道。
普段は多くの方がいるので、気がつかないのですが、
こうしてみると、海のようです。
DSC00605

泉のそばにも春があります。
DSC00609

ふと見ると、遠くに飛行機が行きます。見えるかな。
DSC00611

冥王星天王星の最後のスクエア。
日食、春分、月食と続くなあ、と思いました。
誰もいない拝殿のなかで、
神職が夕方のご奉仕をされています。

以前、思うことがあって、
連続して毎日、明治神宮に参拝していたことがあります。
楽ではない日々だったのですが、
最初は、神様にお願いするという気持ちが、あったように思います。
でも、そうして毎日通ううちに、
そういった気持ちは、なくなっていったようでした。
この新東京五社めぐりも、巡礼のひとつですが、
最初は、なにかのご祈願で始めていても
いつか、それはなくなっていくのです。
DSC00629

「巡礼の旅で人々は、神や仏を訪ねて
衰えがちな自己の生命力の再生を願ったのでだろう」(梅原猛)

急に感情があふれてきてしまいました。
4月4日の月食まで続く天体イベントは、
意識のない部分も含めての、浄化なのだと思いました。

東京大神宮
新・東京五社

スポンサーリンク