メール鑑定

乙女座 新月 2018年

乙女座で新月があります。9月10日東京でのチャートです。

太陽と月は、2ハウス乙女座。
自分のお金のやりくりをしている月。ああ、身も蓋もない話や(笑
ちょっと、モると自分の才能と身体のメンテナンスをしている状況、と言えます。

それでも、8ハウス海王星があるので、お金テーマからは逃げられない。
家の借金があります、やら、会社や組織に夢を感じて投資したいので、手持ちのお金を動かせるか、考えています、という状況です。
水星が乙女座にあるので、きちきちっと計算もしているのですが、蠍座木星と調和的な配置なので、そこで止めるという選択肢はありません。みんなのために自分のお金や才能、テリトリーも差し出すのは、いいことだよねという意識があります。

さらに6ハウス冥王星と調和的な配置なので、スイッチがはいると組織のために、とことん、働きます。
そして、めちゃくちゃガマンもします、というあいかわらずの社畜配置。
ただ、ここは冥王星なので、スイッチがはいらないと、うんともすんとも動きません、という事もあるでしょう。
どちらにしても、6ハウスの冥王星がとんでもないパワーを呼び込んでくるので、現世の入れ物である身体が使用に耐えきれないこともありそうです。
なので、身体の不調には耳をすませてください。
アセンダントは、獅子座で相手に対してオープンな気持ちがあり、やってくるものは拒まないので、この傾向に加速がつきそうです。

しかし、ゆるくはありますが、土のトラインがあります。
天頂に天王星があり、自分の社会的立場が変わっていく時ですが、土星がちょっとお試しでやってみる程度のトライヤルや、自分で管理できる範囲で計算しており、水星が現実的な細かな作業と調整をしていって、それをまた、社会に還元するというサイクルです。
そのなかで、金星がちょっとはしゃぎすぎている蠍座が、きっかけになりそうです。
普段、あまり見せないプライベートや家のなかのさらに、「秘密」の部分が、見えてくる事が実は原動力。
それは社会的にはオープンにならないかもしれませんが、自分としては、自覚しているはずです。

一方、金星と火星が強い配置(スクエア)なので性的なテーマはでてきやすいと思います。

例えば、子どもが欲しいと思っている家族。
家のなかではSEXという行為がされているのですが、普段は隠されている。
子どもが欲しいのは、計画も必要だけど、一方、身体と喜びに結びついています。
しかし、子どもができたら、フルタイムでは働けないという事で、社会のなかで立場が変わってしまうという事を心配している状況です。
もちろん、これは新月チャート。「賞味期限」は満月までなので、実際にそうなるかどうかまでは、この新月のチャートだけでは読めません。たとえ話としてご理解ください。

さらに、たとえ話を。

ちょっと前に、キラキラ起業が話題になりました。
とても似ています。
カリスマ的主催者の講演会や、その主催者の認定講師になるためにン百万も使うという話でした。
2ハウスの自分のお金を算段して、もしくは、6ハウスですごく働いて貯めたお金を、MCでの講師認定という社会的(ま、チッサイけど)立場を得るためだったり、8ハウスの海王星のようなアヤシいセミナーに支払う。
でも、木星が示すような自分の根っこの気持ちが安心するので、いいことだし、金星がかかってくるので楽しいと思っているので、止めません。
それが、私らしさを輝かせるのです。つまり、アセンダントも納得、・・・という配置です。

そして、もうアキアキと思われても書くのですが、今年は春分図 に天災や事件、事故の暗示がありました。
この新月も天頂に天王星があります。
グランドトラインの一角なので急激な変化ではないのですが、ここでも、気候の変化や災害に注意してください。今、ここからどこへ避難するのかとか、持出すものの点検をしておいてください。

また、牡牛座の天王星でもあり、貨幣価値の変化や為替の変動はありそうです。

全体的に内向きの感じなので、いろいろやってくることに対し、粛々とやるべきことをやります、という雰囲気はあり、夏にくらべてかなり落着いてきました。

この月が満ちるのは、9月25日。
社畜のままでいるか、そこから抜け出すかの時期になってきそうです。
秋分、中秋の名月を超えた先にある満月は、なかなか、ですよ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク