メール鑑定

秋分 2018年

1年の季節は、はっきりこの日から、という事はありません。
しかし、暦のうえで、大切な節目になる4日間があります。
まず、昼と夜の長さが等しい春分、秋分。
それに、昼間の長さがもっとも長い夏至と、短い冬至。
この四日間の、夏至、冬至、春分・秋分の二分を併せて二至二分(にしにぶん)といいます。

今年は9月23日。その年によって、前後することがあります。
春分とともに、昼と夜がほぼ同じとなり、天地のバランスが、とれているのが秋分の日。
それぞれ、お彼岸の中日であり、天地が通じやすくなる日です。
なので、この日にパワースポットや聖地、先祖のお墓参りに行くのは、浄化でもあり、よいタイミングです。
占星術では、秋分では、冬至、冬までの流れを読んでいきます。
1年を示す春分から半年であり、春分からの半年、来年の春分まのでチェックポイントのひとつ。
春分を思い出してみよう、という方は、こちらの記事で。

春分図からの1年は、天災、事故の象徴される配置になっています。この秋分もこの1年の他の二至二分の図に比べて、比較的おだやかではありますが、足もとに海王星があります。
海王星は、水の災害、感染症やネットでのデマの拡散が象徴されます。
月が近くにあるので、民衆のあいだでの不安もありそうな配置です。

風疹は、ここ数年で最大の患者数となり、もうインフルエンザで学級閉鎖のニュースがありました。


(2018年9月11日 Yahoo!ニュース)

そして、あまり、脅すようなことは書きたくないのですが、ここでも防災グッズの準備や避難所の確認は一応、しておいてください。

9月23日東京のチャートです。わかりやすいようにちょっと時間が進んでいます。

アセンダント(東の地平線)は、射手座。支配天体の木星は12ハウスで、ゆるく冥王星、海王星と。木星、海王星というテキトーチームと意識しづらい冥王星で、さらに12ハウスなので、「不安だけど、なんかよくわからないし、日常もまわってるし、いいんじゃね?」認識。
この先の11月にある木星の射手座への移動をなんとなく、良い事認識しているようにも読めます。

良い事ばかりじゃないのに。

本当は、そもそもの不安なのは、自分のお金。あるいは、自分自身の存在に関する不安や執着から、日常生活がアヤしくなっていく方向はあるはずなのです。

先日、ツイッターに流れてきたのは「キラキラ起業」
スピリチュアルビジネスに大金を払う話。
これも、なぜ、そんなに自分のお金を使って憧れのヒーラーの講座にいったり、スピリチュアル講師の資格をとるのかというと、自分の存在への不安がもとになっているはずなのです。
その不安のために、スピリチュアルやネットにその答えを求めていくと考えられます。

本来は、自分の存在の不安には、自分で向き合うしか解決できんと思うので、知らんけどという話ですが。

でも、そんなアヤしい話だけはありません。

開運や金運を祈願しに、近所の神社に行って、ご祈祷をうけると、神仏の加護が受けられます、というルートもあります。
月が海王星に近いので、生活に密着したお願い、近所の神社というところが強調されます。

こちらは、おすすめ。
もちろん、お彼岸なのでお墓参りも良いです。

一方で太陽は、10ハウス。
自分の立場を明確にしています。
2ハウス火星とゆるく調和的な配置なので、「売り上げがいいから、あるいはがっつり稼ぐから、社内でエラくなれる」とか、「しっかりした才能を磨いているので、社会のなかで輝ける」という太陽です。
天秤座なので、相手との交渉やコラボ、美的センスがあり、それに関するリサーチもしています。
しかし、土星と強い配置なので、一定のレベルは要求されていて、きっちり責任のある仕事をする必要があります。
なので、この土星なので、慣れていないと「自分は、ダメだ」と思うこともあります。
そうすると、オモテには出て行けません、そんな仕事できません、というコースに陥りそうです。

その仕事や結果の、評価はどれだけ役に立ったか、という乙女座の尺度で測るようなので、相手のニーズをさぐる水星の働きは重要です。

月が示す感情は、中秋の名月を明日にひかえて魚座での癒やし、優しさにどっぷりと浸っていますが、ここもゆるく土星、天王星と組んでいます。
優しさに浸っていながら、この月は、土星を通じて天頂を意識しているはずです。(・・・まあ、わかる人には)

また、霊的なインスピレーションや斬新な発想や自分だけのツボを、きちんとした責任をもって、さらに社会に認められるような努力を続けられる才能が必要であることも、ほんのりわかっているはずです。(・・・まあ、わかる人には)

この5月に天王星が牡牛座にはいり、夏には不動宮を中心に日食や月食がありました。

年初にくらべて、あたりまえの日常が、いつのまにか変わってきているという状況、あるいは、動かないと思っていた事が変化してきていると思います。

今後、11月に射手座に木星が入ります。
これからはこの蠍座木星のまとめの1年の時になるので、しっかりとその果実を受け取ってまいりましょう。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク