メール鑑定

射手座に木星が移動する前に 2018年

2018年11月ラッキースター木星が射手座に移動します。(単にラッキーじゃないんですけどね)

昨年来、1年、木星は蠍座にありました。
蠍座に木星が入ってからは、信頼できる相手かを見極めて、相手とひとつになり、その結果、自分が変わっていくことも躊躇がなくなってきました。
相手とひとつになるという過程は、自我をなくす過程でもあるので、多少、ガマンをしたり、自分が犠牲になることもあります。
そして、その結果、相手との融合がうまくいくと、相手との一体感という幸福を得られますし、その結果は個人で到達できるものを越えた何かを得ることができるのも、知っています。
しかし、一方では服従するか、あるいは裏切るか、という選択をする必要もあったと思います。

個人の事でいうと、結婚。
自分の生活習慣を多少、曲げてガマンしないといけない面もありますが、結婚して新しい家庭をもつ幸福はあるものです。
また、会社や組織と個人の関係もあります。
会社に縛られるということもありますが、そこから得られるのはお給料だけでなく、社会保障だったりクレジットカードを作ることができる社会的信頼を得られることもありますし、会社として残す実績は個人の枠を越えた大きさになります。

そんな事を実感してきたこの1年ですが、2018年11月には木星が射手座に入ります。

射手座は、自分の理想、高みを目指していくサイン(星座)です。

今まで、ギュッと目前の対象だけを見つめていたのですが、そこから気持ちが離れていきます。
すると、「あ、これより良いナニかがあるに違いない」と、思い始めます。

さらに、今は魚座に海王星があるので、「いやいや、これよりもみんなのためになることも、しなくちゃ」とさらに意識が拡散していきます。

この5月に天王星が牡牛座に入り、動かないと思っていた何が動き、あるいは、この夏の日食や月食をくぐって変わってきたものも多いと思います。

これから射手座に木星が移動するまでの間、火星は水瓶座にあり、古い枠を壊すように焚きつけています。
相手に服従したくないなら、飛び出す時。従来のカラを打ち破る時です。
もちろん、蠍座なので「裏切りは許さない」というところがあるので、後ろは振り返ることはできないとおもいます。
水のサイン(星座)は、お互いの感情に共感し、「その気持ち、わかる」という美しい事を言われるのですが、同時に気持ちが通じない相手は、排除します。
なので、あわない相手とは、さようなら。
(「排除します」→つい小池百合子さん成分、入ってます。彼女も蟹座で水のサインです)

そして、結婚を決めるなら蠍座に木星があるうちに。
射手座に木星が入ると「この人よりもっと、理想の人がいるに違いない」と思い始めるかもしれませんが、射手座木星の「いるに違いない」は単に、なんとなあく、そう思っているだけ。
根拠はないのです。

未来に何かをつなごうとする約束をするなら、あるいは、信頼を結ぼうとする事ならこの時期に。

蠍座の実りを受け取るときです。

スポンサーリンク