メール鑑定

蠍座 新月 2018年

新月のホロスコープは、新しい目的が生まれる日として、その月のテーマを扱います。

蠍座で新月があります。11月8日東京でのチャートです。

太陽と月は、3ハウス蠍座。
日常をちょっと変えてみる月です。
蠍座には木星もありますが、このあと射手座に移動します。
火星は、6ハウスにあり水瓶座。
日常のなかでも、働き方、家事のやり方、勉強の方法を変えてみようとするときです。
個性の獲得と平等であることに情熱をもっていて、この変化の先には、「次」が見えているので、いままでの組織からの離脱、あるいは独立のために自分自身のすべきことに集中しています。

水星はすでに射手座にありますが、太陽と月は海王星と調和的な配置。
次の射手座の木星の1年をなんとなく、よいものとしてイメージしているようです。
ただ、それは具体的にこう変わっていく、というようなものではなく「なんとなく」でしかありません。
木星の幸運は、棚からぼた餅ような宝くじにあたるようなラッキーではありません。
いままで準備をしていた方は、そこにいろいろなものがやってくるのですが、全くなにもしていなかったという方は、これから始まるサイクルの最初になるのです。
そして、これからすぐ始まる射手座の木星の1年は、よいだけではないのですが、いままでと違う空気感のある1年になるはずです。

火星は、8ハウスの天王星と調和的な配置で天王星は逆行しています。
深いテーマを追求した結果、発見することもあるでしょうし、いろいろわかったら縁を切ることもあったと思います。
蠍座なので、これから一緒に未来にすすむのであれば、信頼のおける相手であることが大事です。

この蠍座に木星のあった1年は、「深入りするっていいことだよね」という1年でした。
その結果、多少、ガマンすることもあったと思いますが、個人を越えた枠や組織で生み出された結果や信頼は、大きいものだったはずです。
しかし、深入りできないと感じた相手とは、精神的な苦痛も受けたりしながら、裏切りということもあったと思います。
それは、必ずしもきれい事ではなかったと思います。

太陽と月は16度。
自分らしさを再確認しているところです。

なので、この月は、その次を目指すための小さなスタート。

最初は日常をちょっと新しくしてみる。
新しいシャツをおろすような、新しいノートに最初の一文字を書いていくようなところから始まっていくようです。

この月では、その信頼のある相手、対象と始める最初の小さな一歩、
あるいは、一人となって踏み出す最初の一歩です。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク