メール鑑定

魚座 新月 2019年

魚座で新月があります。3月7日東京でのチャートです。7日といっても日がかわったばかり。感覚としては6日の深夜でしょうか。

新月のホロスコープは、新しい目的が生まれる日として、その月のテーマを扱います。
太陽と月は、3ハウス魚座。海王星と合。
夢見るチャレンジ精神をもった月です。
自分の才能の限界を知っているところもあり、ミもフタもない話、それができる金銭的余裕とがあれば、自分の感覚をもって「遊びをせんとや生まれけむ」と思っています。
でも自分の妄想に近い部分もあり、それが具体的にどうしたい、という事でも、社会に受け入れられるのか、というのは全く関係ありません。

アセンダント(東の地平線)は射手座で木星が近くにあり、空気感としては楽観的。
なんとなく、うまくいくんじゃないの?という根拠のない雰囲気です。
この木星は他の天体ともあまり組合わせがなく、根拠なくその楽観的なムードが広がっていきます。
「まあ、いいよ」「わかってる」といいながら、何も解決もしないし、実は大丈夫でもないのです。

この新月は、魚座。すべての話を一度、チャラにしようぜ、というところです。
そうはいっても、自分の感覚をつかって、社会をリサーチしていて、土星と火星が調和的な配置をとっているので、現実問題の「勝算」や「負け幅」もわかっているはずです。
それでいて、自分の安全地帯にいて、夢にチャレンジしながら、ダメならチャラにしてもいいかと、実際にはなんとなくなにもしない、というところがあります。

そして、6日から、水星が逆行していて、この新月の時には、ほとんど留まっています。この時間、ちょうど、いろいろあって混乱しているところ、かもしれません。
この牡羊座手前でくるっと方向転換する魚座の水星逆行は、自分をこの世に押し出す手前にもう一度、ごちゃごちゃしている気持ちを整理するのが、目的です。
気持ちの整理がつかないまま、自己主張を始めてしまうと、ただ、周囲を巻き込んで大騒ぎになるだけです。
なので、この水星逆行のなかで、自分の気持ちがどこで沸立つか、ワクワクするか、どこがポイントがを確認するときです。この水星逆行については、こちらの記事で。

さらに、6日の夕方には、牡牛座に天王星が入っています。
本格的な牡牛座の天王星の7年の始まりです。
長期的な目標と、このひと月のテーマが見えてくる時ですが、水星が逆行し過去と自分の気持ちを清算しています。
卒業式と入学式のシーズンでもあり、過去を清算しつつ未来を考えていくような新月です。

この新月が満月になるのは、ちょうど春分の日。
宇宙的なお正月です。その時は、そんなに引っ込んでもいられないようになります。
なので、いまは自分の世界で遊びながら、自分の気持ちを確認しようね。

「遊びをせんとや生れけむ」については、こちらの臨済の黄檗ネットで

社会や集合チャートは、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク