メール鑑定

双子座 新月 2019年

双子座で新月があります。6月3日東京でのチャートです。

新月のホロスコープは、新しい目的が生まれる日として、その月のテーマを扱います。
太陽と月は7ハウス双子座。
4月の牡羊座の新月あたりから、人間関係の刷新というテーマが続いてきていますが、ここも人間関係の刷新がテーマ。
柔軟宮なので、「こんにちは、ハイ、さようなら」という忙しい感じではなく、つきあうとしたらどこまでにするか、また、お別れするとしたらどう決着をつけていくかという交渉の時です。
7ハウスの双子座に水星もあるので、ドライに考えていきましょう。
こじれてしまうと、蟹座の火星が、必要以上に相手に踏み込んでしまうので、知らなくてもいいことに首をつっこんで、余計なトラブルにつながりやすいので、注意して。

アセンダント(東の地平線)は射手座で、1ハウスに木星があります。
少しゆるんできたといえ、3ハウスの海王星から強い配置でもあり、ウワサや余計な情報をつっこまれて、自分ひとりで飲み込んでおかなかければいけない状況もあるかもしれません。
しかも、太陽が7ハウスなので基本、相手の反応をみて考える、というスタンス。そこにつけこまれてしまう可能性があります。
7ハウスの火星も水星も、太陽からかなり遠い位置にあり、とんでもない要求をしてくるのですが、それを受けてしまわないようにしましょう。
相手の反応、出方をみていたり、やってきたことを引き受けるだけになっていませんか?
相手の反応や気持ちも大事ですが、自分がナニをしたいのか、自分の理想、長期計画のための行動をおこしましょう。
この火星については、別に記事を書きました。こちらでお読みください。

木星も土星も逆行していて周囲も思うようにすすまない時に、火星、水星も蟹座で身内からの圧力のある状況。この状況で、自分で「わかった、まかせて」という射手座の木星は、「らしい」といえば「らしい」のかもしれません。
しかし、それで自分らしさがなくなってしまうのでは、なんにもなりません。

対人関係の見直しは春から夏くらいまでのテーマ。そろそろ出口がみえてきたはずです。
余計な情報を入れずに、ドライに割り切ってまいりましょう。
そして、射手座木星の半年を過ぎました。相手の反応を受けることばかりではなく、自分のやりたいこをはなにかな?と考えて。

ここに書いた社会や集合チャートは、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク