メール鑑定

天秤座 新月 2019年 

天秤座で新月があります。9月29日東京でのチャートです。

この月は、地球に近いところで新月を迎えます。新月のスーパームーン。そして、見えない(笑

図は、国立天文台「2019年最大の満月」から。
スーパームーンについては、こちらの記事で。

新月のホロスコープは、新しい目的が生まれる日として、その月のテーマを扱います。
太陽と月は、2ハウス天秤座。天王星と向かい合っています。
新しい才能をみつける、あるいはお金稼ぎのネタをみつけるのがテーマですが、天秤座なので周囲に無理をさせないことが大事。近くに金星もあって、楽しいこと、美しいことも重要な条件です。
その原因は、9ハウスの天王星にあるので、きっかけは海外のアーティストの才能に触発されて、とか、最先端の発見や論文がもとになっています。
かなり、きっかけが遠くにあるので、今ある自分の才能、ネタがちょっとつまらないものに見えがちですが、そもそも、その海外のアーティストをパクったまんまだと、日本のベタな現実にはあわないものです。なので、むしろ、そこは悪目立ちしないという形で現実に着地させていくので、良いことだと転換していけるはずです。

この金星は、7ハウスの魚座海王星と難しい配置。
インスピレーションを現実に落とし込むことが難しかったり、霊的な感覚をもっている相手を現実に見合うように受け入れるもの簡単なことではないかもしれませんが、金星には木星が調和的な配置でもあり、この海王星も難しいからダメ、ではなくむしろその違いを楽しむプロセスも楽しんでください。

アセンダント(東の地平線)は、乙女座。
何事も検証して、できる範囲できちっとという姿勢。
このルーラーが金星の近くにあるので、バランスをとる、楽しくやる、について自分のできる範囲で、やっていくはずです。
一方、5ハウスの冥王星、土星と金星が強い配置なので、「とにかく楽しめばいいんでしょ?」か、逆に「楽しむなんてできない」となってしまうと、せっかくの金星が働かないことにもなりそうです。
あまり、思い込まないことも大事です。

この月が満ちる時は、牡羊座の満月です。人間関係がテーマになっていて、そのタネはこの新月にもあります。自分の才能のタネや、お金稼ぎのネタに焦点をあてることで、いらない関係がうかびあがっていくこともありそうです。

別の記事で、グレートコンジャンクションについて書いてありますが、サインという横方向ではなく、赤緯という縦方向でみると、このとき、木星と土星、冥王星が同じ位置にあります。
木星と冥王星が重なるのが、2020年4月から、グレートコンジャンクションは、2020年12月です。この赤緯がかさなった天体たちからの見えないコンジャンクションからのその心理的な圧力がありそうです。
さらに、この月は見えないながら地球に近づいてきている新月。そういったことも見えない圧力になっている一因でしょう。
なので、多少、不安であっても、そういうものなのだ、と思っておけばよいのです。

「楽しみすぎないこと」「全く楽しまないこと」の、バランスをとって「楽しむこと」が、大切。

射手座に木星があるのは、12月2日まで。この月が満ちる頃はこの1年の総まとめの時期にはいっていきます。
ここから2ヶ月が夢に振りまわされずに現実化できる時だと思います。こちらの記事で。

ガンバろうね。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク