メール鑑定

牡羊座 満月 2019年

牡羊座で満月があります。10月14日東京でのチャートです。

満月の前の十三夜の10月11日は、旧暦9月13日。栗名月、といわれています。

秋らしくなってきて、月の美しい季節になりました。お月見しましょう。

太陽は、12ハウス天秤座。月は、7ハウス直前の牡羊座。4ハウス手前の土星、冥王星と強い配置。3ハウス木星が調和的な配置。
相手の気持ちによせていくことで、見えない縁、関係をつくりあげていく満月。
一般的に満月は、現実化に焦点があたるのですが、なんせ縁は見えない。
ごめんなさい(笑
でも、3ハウスの木星は、それなりにゲットできるものもありそう。

月は、牡羊座の7ハウス手前。
これから世にでていく6ハウスで、準備ができたぞ、という意欲がみえます。

4ハウスにかかっている冥王星と土星をみると、底のぬけたような霊的なイメージを、きちんと現実化する事も要求されます。
しかも活動宮なので、すぐ結果がでてくる、あるいはすぐ反応することが要求されます。

また、大きな台風がきていることでみると、冥王星、土星がこの場所にあることは、警戒をしておく必要があると思います。

結果がでてくる、現実化するというテーマは、このところ続いていて、この満月はその象徴のようです。
現実化する土星については、こちらの記事に書いています。

最初に書いたように、縁を結ぶことを現実化するために、相手の気持ちに寄せていくと書いたのですが、相手の気持ちといっても、楽しいとか、怒っているから、という感情だけではなく、発信元の相手は「なんとなく」でやっている事もありますし、相手というのはパートナーだけでなく、顧客だったりします。

なんというか、シャーマンというか、祈祷師の仕事のようです。

相手からインスピレーションをもらって、それで見えない縁をつないでいって、現実化する。しかも、この見えない相手との調整は現実として言葉があり、現実化するノウハウはたくさんある。3ハウスは女神の部屋でもあり、神さまや、方法論という大きくて遠くにあるものではなく、氏神様へのお参りだったり、おまじないや、現場の工夫によって実りがあるようです。
その相手との調整に使う言葉は、引き寄せだったり、アフォメーションだったりでこの縁を結んでいくのです。

今は、神無月。神さまたちは縁をむすんだり、来年の相談をされているところ。

そこまで、スピ寄りでなくても、この配置では、人間関係が新しくなります、という配置。
なので、なんとなく良い感じとか、イヤな雰囲気だとかで、ご縁を結びますとか、お別れします、という事はあるでしょう。
それは、自分が変わるというより、自分の居場所を変えるような現実的な引っ越し、移動として現われます。

蠍座の金星と天秤座の火星が、アセンダントを挟んで位置しています。
この前後、かなり人間関係の変化がありそうです。

火星、天王星もこれに含めるとしたら、ネットの別アカウントで悪口言ってたのがわかったので、さようなら、もありそうです。
ここは、ご自身の身心に悪い影響がありそうなので、あ、コレは良くないなと思ったら、離れること。あるいは、スイッチをオフにする、スマホは別の部屋にしまってしまう、という環境を変えることをおすすめです。

そして、天体が下半分。
見えない縁をつないで、現実化するけど、その目標がないのも、少々、困った問題です。
それをもし要求されるなら(大騒ぎして終わりという事もあり)その場が楽しいこと、みんなの気持ちがひとつにまとまる方向であることを条件としておけば大丈夫です。

天秤座の新月が満ちてきたものです。
遠くの目標をかかげてきたけど結局、リアルには残ってないじゃないか、と思われる方もいるかもしれません。でも、チャレンジが実績として残っていくので、あまり残念に思わないで。

また、別の記事で、グレートコンジャンクションについて書いてありますが、サインという横方向ではなく、赤緯という縦方向でみると、この満月も木星と土星、冥王星が同じ位置にあります。

木星と冥王星が重なるのが、2020年4月から、グレートコンジャンクションは、2020年12月です。
でも、この満月で赤緯がかさなった天体たちからの見えないコンジャンクションからのその心理的な圧力がありそうです。
社会のしくみや倫理が壊れていると感じているのは、このあたりかもしれません。
この状況は、実際のグレートコンジャンクションが起こる来年いっぱい続いていきます。

このあと季節は土用に入り、冬に向かいます。実りの秋は今。
どのスイッチを入れるのか、どの経路を通るのかは、あなた次第。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

十三夜については、つるちゃんのプラネタリウム を参照しました。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク