メール鑑定

12星座別 2019年10月 月間占い

蠍座に金星が入り、天秤座に火星が入ります。
人間関係がディープになります。関心と嫉妬、愛情と執着は紙一重のようです。

10月の幸せの天体イベント
10月 3日 冥王星逆行終了
10月 7日 旧暦重陽の節句
10月11日 十三夜 栗名月 旧暦の9月13日
10月22日 即位礼正殿の儀
10月28日 蠍座で新月

鑑定については、こちらから、どうぞ。

幸せの10月 星座占い

牡羊座
本来、思いついたらパッと行動したい、というか、いつの間にか動いてた、はずですが、このところ、ちょっと本来の調子がでない状態かもしれません。
それはお母さん、これ怒るだろうな、だったり、会社のルールだから仕方ないよな、という意識がずっとあるからなのですが、そこが本来の自分らしさを出せていない原因のひとつ。
14日の満月は、牡羊座で起こります。自分らしさってナンだろうと気がつく時。対人関係も動いていくときです。
ラッキーアイテムは、太宰治の「人間失格」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

牡牛座
着実につみあげていくところですが、今月は即答、即決を迫られてなかなか苦しいところかもしれません。
そんななかでも、うまく立ち回る方法はあるのですが、それを気がつかせてくれる相手がやってきます。最初は、そのヒントには気がつかないかもしれません。気がついたとしても、ややそこに怖さを感じるのは、その相手は、何を考えているのかわからないと感じるからかも。
でも考えてみてら、自分が正しいと思っているのは、単に自分のこだわり、執着かもしれません。
ラッキーアイテムは、ホテルのロビーラウンジ
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

双子座
「相手の気持ちがわからない」と、ずっと感じていることがあるかもしれません。伝えているから大丈夫とか、楽しいムードだから平気というのは、ごまかしているかも、と気になるかも。
相手の気持ちより、何よりもまずは、相手から信頼されているかどうかが問題です。
表面だけ楽しいという関係からより深い関係になるには、もうすこし心の距離を近づけることが必要。
間にたってくれる友達もいるみたい。相談してみてはどうでしょうか。
ラッキーアイテムは、大きな病院の旧館ホールの照明
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

蟹座
このところ、人間関係がちょっと面倒だな、と感じているかもしれません。もともと、身内とか親友と感じる相手には、絶対の信頼をするのですが、それが悪い縁とかしがらみもずっとつきあう事にもなりがちです。
今月はそのあたりを、ちょっと見直してみたいと思うかもしれません。
対人関係をいままでのように、好きだからつきあっている、身内だから仕方ないという事ではなく、大人としてどうつきあっていくか、信頼をおける相手ならこれから長い関係になっていくようです。
ラッキーアイテムは、銀座 和光のショーウィンドウディスプレイ
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

獅子座
日常のなかに楽しいイベントがちょっとずつ入ってきて、それなりに楽しい毎日。
でも、ちょっと大きくみると、次のステップに向かうための準備をしなくてはいけないということは、うすうす、わかっていると思います。
もちろん、そんな事はスルーしちゃって楽しければ良いというのも、ひとつの方法。
でも、もし次のステップを考えているようなら今月は、そのトライアルがありそうです。将来のイメージをもってやってみましょう。失敗しても、何も失うものはないし、という軽い気持ちでやってみるのがポイント。
ラッキーアイテムは、ペルシャ絨毯
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

乙女座
今月はちょっとお財布のヒモがゆるくなりがち。「楽しいからいいよね」とか、「これっていずれ役立つから大丈夫だよ」といろいろ理由はありそうだけど、結局、買い物って楽しいから、ついつい買いすぎしそう。
もし、お金を使うなら少し投資するつもりで、いままでやりたくてもちょっと敷居がたかくてできなかった事にトライするチャンスはやってきます。深入りしないで、楽しむ程度にやってみましょう。
ラッキーアイテムは、専門書の本屋さん
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

天秤座
9月29日に天秤座で新月があり、新しいシャツをおろしたようなプチスタートの時。
大きなテーマとしてはまだ、継続中で人間関係も変わってきているはずですけれど、このあたりで、自分が歩いてきた道をふりかってみる時期かもしれません。「でも、自分の道ってわからない」と思いますか?いままで一緒にあるいてきたパートナーや友達は、きっとわかってくれていますよ。聞いてみたら応えてくれるはず。
ラッキーアイテムは、根付(ねつけ)
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

蠍座
対人関係が動いていくときです。縁があって出会いがある一方、離れていく人もいます。人間関係がかわることに不安もあるでしょう。自分のなかのルールにしたがうと、どうしても離れなければいけないことはなかなか気持ちの決断はつきにくいと思います。
28日の新月は蠍座で起こります。そのあたりに一定の結論もでてきそうです。
身体と心の不調もでやすいときです。お休みしながら参りましょう。
ラッキーアイテムは、メキシコのスカルメイク
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

射手座
「どうしたらいいのか、わからない」のは、生活できるか不安というところからきているのですけど、そのために日々、やっていることもあると思います。
一方、将来にむけてどうしたらいいかが見えてくるのが、14日の満月のあたり。積み重ねてきたものがあれば、ああ、これでよかったんだという達成感もあるでしょう。
射手座に木星があるのはあと2ヶ月。ここで得たものは、これから始まるサイクルのタネです。しっかり握って。
ラッキーアイテムは、白檀のお線香
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

山羊座
新しい課題がやってきます。それは過去にやったことのない分野かもしれませんし、責任が伴うものかもしれません。
この数年のプレッシャーに、さらにこれかよ、と思うかもしれませんが、たくさんの人の助けも感じているはずです。
この12月に木星が山羊座に入り、そのあとの1年は主役となる時です。そのためにも、自分はひとりではない、とわかっておく事が力になると思うのです。
ラッキーアイテムは、大相撲の番付表
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

水瓶座
自分の理想を追求していくと、今の環境は変えないといけないことはわかっているけど、なかなか難しいというテーマに取り組んでいるときかもしれません。
今月は、その理想に焦点があたっていきます。そのために、周囲の調整やらトラブルもあるかもしれませんが、そこを通すと、ホントに自分がしたいこともみえてくるはず。こだわていきたいなら、ファイティングポーズのままでいましょう。
ラッキーアイテムは、美人画の浮世絵
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

魚座
受け継ぐものが今月のテーマ。実家を誰が継ぐかだったりお墓問題というプライベートな話とともに、仕事で誰かから技術や地位を受け継ぐことがありそうですし、こちらから、引き渡すこともあるでしょう。
単によかったね、という事ではないはずですけれど、ややピントがあってないよ、と言われる可能性があります。
将来を見越した話のはずなので、現実としてお金がいくらかかるとか、責任はとれるかも含めて取り組みましょう。
ラッキーアイテムは、美しい図書館
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

スポンサーリンク