メール鑑定

双子座 満月 2019年

双子座で満月があります。12月12日東京でのチャートです。
満月のホロスコープは、新月で始まった事の成果や結果が表れる時として、どのように現実化されたかを読みます。

太陽は、8ハウス射手座。月は、2ハウス双子座。海王星とのTスクエア。
将来に対する夢あるいは不安から、パートナーやテーマに対して深入りしていく太陽です。そこから自分のサバイバルに必要な安心感(まあ、お金です)を得ていく月です。
将来、孤独死もイヤなので結婚します、という読み方もできますけど、ちょっと夢がない。お互いの気持ちに深く関わってみたら理想とするイメージが共有できたので、結婚をお知らせします、もあります。

SNSなどでは、医師免許をもっていても、どうしてそうなっちゃうの?というドクターがニセ情報(とんでも医療情報)を発信し、あるいは本が(なぜか)ベストセラーになっています。
これは誰もがもっている将来への健康の不安があるからだと思います。
ここに対し、「発信する医師団」として正しい医療情報を発信し、医療ドラマなどの監修をする動きがでてきています。
専門知識に裏打ちされた理正しさや理想を示し、それを誰もに届くようにする動きだと思います。
それが自分自身の身体の安心感、サバイバルにもつながります。

ただ、この配置ではやはり「実際にどうしていくの?」の部分が欠けてしまっているので、それを具体化するには、やや混乱がありそうですし、実際に手を動かす方がいてこそ、現実化していくのだと思います。

アセンダントは牡牛座で、金星は山羊座。金星は、土星と冥王星にはさまれていて、月と難しい配置。
実際の身体や、生活といったものにこだわる部分がどうしてもあるので、実際に自分の身体や生活が安定しないと実感できません。
情報がはいったとしても、あるいは誰かの気持ちを知ったとしても、現実として動いていないと「何ソレ、美味しいの?」という雰囲気が背後にあります。

上のネットの医療情報の話だと、正しい病院へのかかり方がわかっても、じゃあ、自分がこれから行く病院のドクターが「とんでもドクター」かどうかは、行ってみないとわかりません、という事だと思います。

この満月は、射手座の新月からの結果です。
新月の時は、この1年目指して広げてきた理想を、どう実際に結びつけるかのチェックをしていました。
その結果、情報としては伝えるようなことになってきたかもしれません。
しかし、木星はすでに山羊座にあり、山羊座には太陽を含め4天体があります。
実際になにをしたか、実績として残るのは何かが問題になっています。
そこを求められていることを実感する満月です。

発信する医師団のひとり、けいゆう先生のブログ「外科医の視点」

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク