メール鑑定

牡羊座のパワースポット 2020年12月までの運勢

山羊座に木星が入りました。
吉例でございますので、星座ごとにパワースポットをご紹介して、これからの1年をお祝いしたいと思います。
木星が山羊座にはいった2019年12月から、水瓶座に移動する2020年12月までに、おでかけください。

ガッツポーズを何度でも

日吉大社、日枝神社、または比叡山延暦寺。
ご祭神は、大山咋神(オオヤマクイノカミ)。
日吉大社、日枝神社など、オオヤマクイノカミがご祭神の神社が、パワースポットとなります。
社会的な地位や、全体をうまく「まわす」ための組織やルールを目指していくのが、鎮護国家を目的にした比叡山の延暦寺であり、日枝神社です。
最澄上人が、このオオヤマクイノカミのおられる比叡山に延暦寺を開かれています。
延暦寺については、その地が聖地なので、各地にある天台宗のお寺を示すものではありません。

比叡山を開かれた最澄上人と、空海の物語の「阿・吽」は、濃密な物語です。
その展開についていくのは、エネルギーが必要なのですが、おすすめです。こちらは最新刊の10巻について書いています。

このところ、思いつきで行動を起すと、妨害や横やりが入るような事が多かったと思います。でも、その真意に気がつかないと、実際に起こることに目とエネルギーを奪われて「ついてねえな」で終わっていたかもしれません。といっても、2019年は射手座の木星からは「もっとやれ」という応援もあったので、「ついてねえな」で終わっていても、忙しいながらも過ごせたのではないでしょうか。
山羊座に木星がはいると、社会の中での動きや、組織のなかでの立場で目立つようになります。仕事でも成功の可能性があるのです。結婚などのおめでたいことで、社会的立場が変わることもあるでしょう。
でも、残念なお知らせですが、これは棚ぼたラッキーではありません。
この数年の「ついてねえな」の状況が終わって開運した、のではありません。
今回の成功という果実は、2015年、あるいは遠くは2000年前後頃にまいたタネを育てた結果です。
なので、そのタネをまいてないと、成果もないのです。
木星が山羊座に移動すると「もっとやれ」がなくなり、テンションはさがります。
でも、横やりだとおもっていた真意に気がつくでしょう。「ついてねえな」で終わらせたかどうかがキモですが、この1年はそこに直面していきます。
2017年ころからは、本来逃げていた責任を背負ったり、失ったものも少なくなかったはずです。それらを、見えないふりをしていただけではないでしょうか。
そこをクリアしてこその、成功、ゴールなのです。
このゴールは、数年、あるいは十数年の道のりがあってこそ、と書きました。でも、何もしてないや、とガッカリしないで。この1年で、特に後半に追い上げて獲得できるものもあります。バタバタするけど。
でも、どちらにしても、「その問題に対して私が責任を負います」という宣言ができる自分にだけ、見えてくる成功というゴールです。
ガッツポーズが必ずできます。ガッツポーズを何度でも。

日枝神社あるいは比叡山延暦寺は、国を守るという祈願をされる聖地です。
「責任をとります」という決意を確認するために、スケールの大きなパワーのある聖地を参拝してください。

日枝神社の記事は、こちら。
東京新五社巡りという都内の神社をめぐる巡礼をご紹介している記事のなかです。
この五社巡りもなかなか良いです。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記のサイトが参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ神社であれば、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、おかしな方に傾いていると「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝などあまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。もちろん、月参り、毎月1日にお参りする「朔日詣り(ついたちまいり)」もおすすめです。
お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

また、その聖地、神社にご奉仕されている方にも心からの感謝と、神さまには真摯(しんし)な気持ちで向き合うことをおすすめします。
我欲で聖地に行っても、あまり得るものはないように思うのです。

おすすめは、参拝のあと、その境内で飲食ができる場所があれば、そこで何かを飲んだり食べたりすることです。なければ聖地の近くで大丈夫です。
これはプチ直会(なおらい)だと思っています。神さまと飲食を共にするのです。

そして、「今」いくべき聖地、おすすめのパワースポットについてもこちらから、ご相談ください。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

スポンサーリンク