メール鑑定

幸せの天体イベント 2020年

予祝とは、すでにそれが成功したこと、あるいは、収穫できたこととして、先にお祝いをすることです。
2020年を、予祝しましょう。

2019年12月木星が山羊座に移動しました。
すでに山羊座には、土星と冥王星があります。2020年は山羊座に天体が集る年。
社会的な変化、リストラクションの年。
2020年年末には土星、木星とも山羊座の次のサインである水瓶座に移動します。
そこで新しい価値観を示していきます。
なので、2020年は古い価値観の最後の1年。新しい価値観の最初の1年です。

とにかく山羊座に注目
今年は山羊座に集まる天体が中心となってモノゴトがすすみます。
冥王星は2008年から、山羊座の支配天体である土星は2017年から山羊座にあります。
さらに、2019年12月からの1年間は、木星が山羊座にはいりました。主な天体は10個あるので、いつも1/3が山羊座にあることになります。

土星が水瓶座へ
3月に土星が水瓶座に入ります。その後、7月には山羊座にもどるのですが、これは次に待っている水瓶座の予行練習。
2020年の年末に土星、木星が水瓶座に移動すると本格的な水瓶座の時代に移行します。

ドラゴンヘッドが双子座へ
安心できる身内が大事だった世間の雰囲気が、情報を集めてサバイバルする雰囲気にかわっていきます。
これも水瓶座時代の先取りになります。

火星の牡羊座への長期滞在
6月末から年末まで、ずっと火星が牡羊座に滞在します。
強力なパワーを山羊座の天体にそそくだけでなく、社会全体が前へすすむパワフルな雰囲気になるとともに、戦って勝ち取るモードになっていきます。

日食と月食
今年は、年始と年末に食があります。
また食のシーズンは6月から7月。半影月食が3回あるのが特徴です。

木星と土星が水瓶座へ
12月22日に水瓶座にはいったところで、土星と木星が重なります。
大きな時代の扉があいていくのを見ることになります。

そして、1月から
水星と太陽が山羊座にあって、年頭から山羊座の2020年のスタートを実感することになります。
11日に天王星が逆行を終了し、その日に蟹座で月食。13日には土星と冥王星が重なり、そこに太陽が重なっていきます。自分たちのいる安心できる社会、以前から続いていて継続できるルールに焦点があたります。このとき、起こったことはこの1年の底に流れるテーマになりそうですし、結果は今月ではなく半年、1年後に表れてくる長さになります。なので、「このテーマを時間をかけてやっていくのか」という確認。なので、結果が見えなくても不安になることはありません。
それにしても、11日から17日までは、世の中も騒がしくなりそうな時です。特に蟹座の月食の時は気持ちも不安になりがち。今、何をすべきかは、感情と情報の区別をしてリサーチして。

1月 3日 初巳
1月 7日 七草
1月11日 天王星が牡牛座で逆行終了/蟹座で半影月食
1月13日 土星と冥王星と太陽がコンジャンクション
1月17日 天秤座で下弦の月
1月18日 土用入り
1月25日 水瓶座の新月
1月31日 旧暦七草

太陽が山羊座から抜けて、ひと山こえた時期になりますが、16日には火星が山羊座に入り、そのパワーを発揮します。権力のトップを目指す争いや、規則や社会に集中していく中で、17日からの水星逆行が、魚座で起こります。
情報の混乱は、気持ちと切り分けられないところから起きてきそうです。
2月 3日 節分
2月 4日 立春
2月 9日 初午
2月16日 火星が山羊座へ
2月17日 魚座で水星が逆行開始

5日に金星が牡牛座に入ります。水星が逆行が終わるのが、10日。それぞれの持ち場を守るような、落ち着きが見えてきて、感情と情報の混乱も落着いていきます。
牡牛座の天体と、山羊座に集った天体が、個人のお金と経済、健康と保健など個人と社会がモノを通じて直接、結びつく部分での変化が起こっていきます。
その後、春分があり、土星が水瓶座に移動すると、7月まではこの先を予感させる、見通すことになります。
3月 3日 桃の節句
3月 4日 水星が水瓶座へ
3月 8日 太陽と海王星が合
3月10日 水星が水瓶座で逆行終了
3月16日 水星が魚座へ
3月20日 春分の日
3月22日 土星が水瓶座へ
3月24日 牡羊座で新月
3月26日 旧暦 桃の節句

金星が双子座へ。逆行をはさんで8月8日まで長期、双子座に滞在するとともに、そのパワーも増していきます。火星も土星も水瓶座にあるので、新年度とともに一気に風とおしがよくなっていきます。理論を追求すること、議論をかさねること、情報をリサーチすることで、その次の動きをさぐっていくようです。
4月 1日 土星と火星がコンジャンクション
4月 4日 金星が双子座へ
4月 5日 木星と冥王星がコンジャンクション
4月 8日 天秤座の満月/花まつり/スーパームーン
4月16日 土用入り
4月26日 冥王星が山羊座で逆行開始

ドラゴンヘッドが双子座に移動して、みんなが一緒というところから、気持ちが離れていく時。11日に土星が逆行を開始し、13日には金星が逆行を開始、14日には木星が逆行を開始します。
12日には双子座に入った水星は積極的に動きはじめます。ちょっと計画を立て直そうとか、という動きもありそうです。それも来年以降を見通した計画になりそうです。
5月 5日 立夏/端午の節句/ドラゴンヘッドが双子座へ
5月 7日 (おそらく)ウエサク祭の蠍座の満月
5月11日 土星が逆行開始
5月12日 水星が双子座へ
5月13日 双子座で金星が逆行開始
5月14日 山羊座で木星が逆行開始
5月29日 水星が蟹座へ

ドラゴンヘッドが双子座に移動して最初の満月の6日の射手座の月食が起こります。18日からは蟹座で水星が逆行を開始し、21日には蟹座で日食があります。特別な出会いや人間関係が新しく結ばれていきそうですが、一方で、家族や身内の間では、なれ合いにならずに、気持ちをきちんと伝える必要がある時になります。
月末には火星が牡羊座に入ります。これからずっと牡羊座に滞在します。
6月 6日 射手座で半影月食/ストロベリームーン
6月18日 蟹座で水星が逆行開始
6月21日 夏至/蟹座で金環日食(日本では部分日食)
6月23日 魚座で海王星が逆行開始
6月25日 旧暦 端午の節句/双子座で金星が逆行終了
6月28日 火星が牡羊座へ
6月30日 木星と冥王星がコンジャンクション

土星が山羊座にもどります。インターミッション(休憩)が終わって、2020年の「試合再会」。
火星と土星は、新旧の勢力がぶつかりあうような、あるいは助け合うような勢いがあります。女子力がないし、そして、現実が少しおいてけぼりになりがち。
そんな時の12日に水星が蟹座で順行にもどって「中の人」たちの気持ちを満たしていきます。
7月 2日 土星が山羊座へ
7月 5日 山羊座で満月
7月12日 蟹座で水星が逆行終了
7月14日 太陽と木星がオポジション
7月19日 土用入り
7月21日 蟹座の新月

今年の勝負どころ、というような全力疾走の時。忙しいけれど、結果もすぐでてきます。とにかく、こっちの方向で、いきますから、という勢いですすめるとき。下旬には水星は乙女座に入り、その後の細かな調整をしていきます。
8月 2日 太陽と天王星がスクエア
8月 4日 水瓶座で満月
8月 7日 立秋
8月 8日 金星が蟹座へ
8月13日 火星と冥王星がスクエア
8月15日 牡牛座で天王星が逆行開始
8月20日 水星が乙女座へ
8月25日 火星と土星がスクエア 伝統的七夕(国立天文台による)

力で勝負していたところから、なんとか着地点をさぐる時です。話が混乱してしまいがちですが、現実はどうなのか、というあたりに焦点をあてることがヒントになるかもしれません。
火星の逆行は、牡羊座で起こります。最終目標を設定しなおしたり、作戦を練り直すタイミング。プッシュするだけ、前進するだけが良いことではないので、そのあたりを見誤ると、場外乱闘になってしまいそうです。
9月 9日 重陽の節句
9月10日 牡羊座で火星逆行開始
9月12日 太陽と海王星がオポジション
9月13日 山羊座で木星が逆行終了
9月22日 秋分の日
9月29日 山羊座で土星が逆行終了
9月30日 火星と土星がスクエア

めまぐるしい時です。夏頃のように、勝負をかけていく時期ではなく、いろんな方向から巻き込まれていくような忙しさです。14日から水星が逆行を開始します。上手く自己主張できずに、相手を尊重するつもりが「言い方が悪い」と取られたり、うっかりとホンネがでてしまって波風がたちそう。
10月 1日 中秋の名月
10月 4日 山羊座で冥王星が逆行終了
10月 6日 火星接近
10月 9日 月が蟹座へ/火星と冥王星がスクエア
10月14日 蠍座で水星が逆行開始
10月18日 栗名月
10月22日 土用入り
10月25日 旧暦 重陽の節句
10月28日 水星が天秤座へ
10月31日 牡牛座の満月/ブルームーン

水星が天秤座で逆行を終了し、つっかえていたコミュニケーションが通じやすくなります。その後、火星も順行へ戻ります。すると一時停止していたことが再起動。
蠍座に天体があり、モノゴトを変えていくことに対する信頼をどう得ているか、あるいは、ホンネのところ、何をしたいの?と突き詰めていくことになります。
11月 4日 天秤座で水星が逆行終了
11月 7日 立冬
11月11日 水星が蠍座へ
11月13日 木星と冥王星がコンジャンクション
11月14日 牡羊座で火星が逆行終了
11月29日 魚座で海王星が逆行終了
11月30日 双子座で半影月食

20年、あるいは200年単位の節目であるグレートコンジャンクショングレートミューテーションが起こります。この1年ここに向かってきたクライマックス、というより、この20年、あるいは200年の「大晦日」です。
12月 7日 月が乙女座へ
12月 9日 月が天秤座へ
12月15日 射手座で皆既日食(日本では見えない)
12月17日 土星が水瓶座へ/月が水瓶座へ
12月19日 木星が水瓶座へ
12月21日 冬至
12月22日 木星と土星が水瓶座でコンジャンクション

楽しみだね。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。