メール鑑定

蟹座のパワースポット 2020年12月までの運勢

山羊座に木星が入りました。
吉例でございますので、星座ごとにパワースポットをご紹介して、これからの1年をお祝いしたいと思います。
木星が山羊座にはいった2019年12月から、水瓶座に移動する2020年12月までに、おでかけください。

大人にだけ愛は実る

伊勢神宮
内宮のご祭神は、天照大御神(アマテラスオオミカミ)。
伊勢神宮でなくても、天照大御神がご祭神の神社がパワースポットとなります。

準備や勉強をしていたことを、外にむけて結果をだしていく1年です。対人運も恵まれます。もたらされるチャンスもやってくるので、積極的に外に動きましょう。
社会のなかで夢や希望を実現させていきたい、とそれに向かって動き出すこともあるでしょう。
しかも、やってくるのはチャンスだけではありません。
結果をだすために実際に相手のフィールドにでていって、相手の目の前で成果にする事も必要。
チャンスの場を差し出されて、それにみあう成果をだすように要求されるのです。
最初に対人運に恵まれると書いたのですが、実はやってくる相手はあなたの数段、上手(うわて)かもしれません。会社の上司だったり、あるいはその業界の先輩だったりするのです。
でも大丈夫。その相手からもたらされるチャンスにきちんと応えるだけの準備は、しているはずです。
一方、相手からの要求をメンドくさいもの、として、自分には自分の夢があるのよ、と相手からの要求をノラクラと避けていくこともできます。なんとなくのイメージで我が道を行くこともできます。それが「悪いこと」ではないのですが、いずれ、自分からかけ離れた巨大なセルフイメージはくずれていくのです。
特に2020年の後半は、ライバルを蹴散らしてもゲットすべき目標、将来の自分のポジションもクリアに見えてくるはず。ここでは、要求される条件をクリアしながら、自分のポジションをゲットすることになるでしょう。
また、あたためてきた愛が、なんかのきっかけで芽生えて、それが実るという、出会いから結婚までということもありそうです。でも、これもぼんやり待っていたら、白馬の王子さまがやってきましたという話ではなく、相手にみあう自分であるという、大人としての関係が成り立つことが必要です。
大人にだけ、愛は実るのです。

伊勢は、出会いというテーマでなくても、圧倒的な聖地なのですが、伊勢の地をヤマトヒメがお選びになった、という経緯があります。
伊勢の地にお鎮まりになるまでに、様々な場所を巡っていらっしゃいます。その結果、五十鈴川の流れる、この地を「パートナー」としてお選びになったのです。
当然、この1年にであう「パートナー」は、人だけではありません。土地だったり、組織だったり、全く新しい世界だったり、価値観だったり、です。
この1年は、新しい何か、誰かに出会う事になるでしょう。ヤマトヒメがされたように積極的に外にでていくことが大事です。

伊勢神宮の流れをくむ神社には、その名前に、「神明」「伊勢」とつく神社が多いようです。また、格の高い神宮や、大社に、天照大御神がご祭神として、おられることが多いようです。
また、ヤマトヒメが巡られた「元伊勢」と呼ばれる神社のなかには、天照大御神がご祭神となっていないところもありますが、すばらしい聖地が多いので、そちらもおすすめします。

伊勢神宮の記事は、こちらから。
東京大神宮は、すばらしいとこですが、混みすぎ。阿佐ヶ谷の神明宮をおすすめします。こちらの記事で
また、記事にはなっていませんが、元伊勢のひとつ、日向大神宮も素晴らしいところでした。
住みたいと思った聖地です。
日向大神宮のサイトは、こちら。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記のサイトが参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ神社であれば、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、おかしな方に傾いていると「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝などあまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。もちろん、月参り、毎月1日にお参りする「朔日詣り(ついたちまいり)」もおすすめです。
お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

また、その聖地、神社にご奉仕されている方にも心からの感謝と、神さまには真摯(しんし)な気持ちで向き合うことをおすすめします。
我欲で聖地に行っても、あまり得るものはないように思うのです。

おすすめは、参拝のあと、その境内で飲食ができる場所があれば、そこで何かを飲んだり食べたりすることです。なければ聖地の近くで大丈夫です。
これはプチ直会(なおらい)だと思っています。神さまと飲食を共にするのです。

そして、「今」いくべき聖地、おすすめのパワースポットについてもこちらから、ご相談ください。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

スポンサーリンク