メール鑑定

獅子座のパワースポット 2020年12月までの運勢

山羊座に木星が入りました。
吉例でございますので、星座ごとにパワースポットをご紹介して、これからの1年をお祝いしたいと思います。
木星が山羊座にはいった2019年12月から、水瓶座に移動する2020年12月までに、おでかけください。

プレッシャーと情熱の炎はあなたをダイアモンドへと磨く

ご祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)。
氷川神社や八坂神社、須賀神社など、スサノオノミコトがご祭神の神社が、パワースポットとなります。

職場、仕事関係での縁がひろがる1年。担っていく役割や、すべきことが膨らんでいくときです。数年来の健康問題がある方は解決しそうです。
また、自分の成すべき事をきちんとするためには、しっかり準備するだけではなく、出会いのために一歩を踏み出す勇気が必要なのですが、その勇気をもつための1年。自信、準備のための1年になります。
自分からガンガン行くのではなく、要求される役割やタスクに応えることで成長する時期です。
健康についても、むしろそこに至るまでは、むしろ健康問題が発覚することもあると思います。
なにかと忙しいので日々の生活は不摂生のままの方もおられるかもしれません。でも、そこから、身体の不調や健康診断で、問題がみつかる事になりそうです。その結果として、きちんと治療し、あるいは働き方を見直すことで得られるという解決です。健康だから何をやってもいいという時ではありません。
また、働き方については、ここ数年の単位で自分の仕事でのポジションを見直しているところからくる変化もありそうです。
大きく節目を迎えているので、それにともなって働く環境をととのえるという事もあるでしょう。
環境を整えるとか、役割がふくらむといっても、見えない将来にむけて準備をするイメージはありません。実際に役に立つスキルや、市場のニーズを受けての製品の準備とか、お金や実績に直結するものです。
また、2020年の後半は、応援してくれる仲間とともにプロジェクトを組むことがあるかもしれません。
その先、2021年には特別な出会いがまっています。
実は、相手のニーズに合わせるとか、腰をあげるのはなかなか難しいと感じているかもしれません。
一方で、その将来の展望もプレッシャーも実は見えてきています。
そのプレッシャーと情熱の炎はあなたをダイアモンドへと磨くのです。

京都の八坂神社は、祇園祭で有名。
もともと夏の京都に流行した疫病退散を願ったのが、八坂神社の祇園祭りの最初です。
スサノオノミコトは、神の国では天照大御神(アマテラスオオミカミ)にあきれられるほどの、子供っぽい暴れ者でしたが、神の国から追放されたあとは、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治する英雄となりました。そのあとは、和歌を詠んでプロポーズするほどのロマンティストな面もみせています。
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」

その様子は、まるで子供からオトナに「成長」するようなさまを見せる方です。この自己調整、成長されるさまは、遠い存在の神さまではなく、息づかいを感じるヒーローであり、勇気づけられる方でもあります。

埼玉の氷川神社はとても大きなパワーのある聖地で、おすすめ。こちらの記事で。
また東京都内でも、赤坂の氷川神社麻布の氷川神社渋谷の氷川神社とそれぞれ、少しずつトーンは変わりますが、それぞれによいところです。
八坂神社の記事は、こちらの記事で。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記のサイトが参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ神社であれば、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、おかしな方に傾いていると「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝などあまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。もちろん、月参り、毎月1日にお参りする「朔日詣り(ついたちまいり)」もおすすめです。
お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

また、その聖地、神社にご奉仕されている方にも心からの感謝と、神さまには真摯(しんし)な気持ちで向き合うことをおすすめします。
我欲で聖地に行っても、あまり得るものはないように思うのです。

おすすめは、参拝のあと、その境内で飲食ができる場所があれば、そこで何かを飲んだり食べたりすることです。なければ聖地の近くで大丈夫です。
これはプチ直会(なおらい)だと思っています。神さまと飲食を共にするのです。

そして、「今」いくべき聖地、おすすめのパワースポットについてもこちらから、ご相談ください。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

スポンサーリンク