乙女座のパワースポット 2020年12月までの運勢

山羊座に木星が入りました。
吉例でございますので、星座ごとにパワースポットをご紹介して、これからの1年をお祝いしたいと思います。
木星が山羊座にはいった2019年12月から、水瓶座に移動する2020年12月までに、おでかけください。

自分ファーストにマッパでロック

宗像大社、厳島神社、江島神社 竹生島神社
ご祭神は、宗像三女神、あるいは弁財天。
宗像三女神は、それぞれ別々の神社におられることもありますし、弁財天となっておられる事もあります。
宗像三女神、あるいは弁財天がご祭神の神社、お寺が、パワースポットとなります。

この1年は、楽しい事がひろがる1年。恋愛のチャンスもたくさん。ウキウキすることや、わくわくすることは、行く道を照らすライトです。それを目印にすすむ時間になります。
恋愛のチャンスも多くあるでしょうし、子どもというのもキイーワード。
しかも、楽しいことをやっていて、現実の成果もでてくるときです。趣味からプロになる流れ。自分の仕事の成果として、本を出版したり作品を制作することもあるでしょう。
この数年、見えているものは、魅力的なものです。心やすまる時間を与えてくれるし、エネルギーチャージになる。
なのでついつい、楽しければいいよね、誰かと一緒に楽しいなら、なお、いいよね、と現実の成果を求めずに気持ちだけを消費していきがちです。
それを否定しませんが、それはいずれいなくなります。気持ちを消費していくだけです。
そのあとに残っているのは、現実、実績にしておいたことです。
自分の楽しい事といっても、どうしても自分ファーストになれないところがあると思います。
特に今は、なかなか踏み出せないでしょうし、それをメンドくさいから、とか苦手だからといって先送りしがちです。
でも、ここで自分ファーストで楽しんだ上で、しかも現実として結果を残しておくのは大事だと思うのです。
自分の手持ちの才能や、あるいは実際に行動に移すための資金というリアルな話も応援してくれている時です。ただ、実際に自分の能力やできることについては、シビアすぎるくらいの評価があるので、なかなか楽しむことは難しいかもしれません。
でも、この1年は誰かの目を気にして、自分の才能や持ちものを過小評価するのは、ソン。自分の楽しいこと、好きという感覚がこの1年の行く先をしめすのです。まずは、自分ファーストで。

相手のための楽しみと、自分の楽しみに区別をするために、自分のドキドキを再確認しましょう。
その行く先を守り、示していただけるのが宗像三女神と、芸事の神さまである弁財天。
江島神社の弁天さまは、マッパに琵琶というロックな方。ドキドキします。

弁天様は水のあるところに、わりといらっしゃいます。
厳島神社の記事は、こちら。
上野の弁天様と、富岡八幡宮の七渡神社もおすすめです。
銭洗辨財天もすばらしいです。こちらの記事で
また小網神社はお稲荷さんの神社ですが、弁天様もおられます。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記のサイトが参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ神社であれば、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、おかしな方に傾いていると「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝などあまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。もちろん、月参り、毎月1日にお参りする「朔日詣り(ついたちまいり)」もおすすめです。
お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

また、その聖地、神社にご奉仕されている方にも心からの感謝と、神さまには真摯(しんし)な気持ちで向き合うことをおすすめします。
我欲で聖地に行っても、あまり得るものはないように思うのです。

おすすめは、参拝のあと、その境内で飲食ができる場所があれば、そこで何かを飲んだり食べたりすることです。なければ聖地の近くで大丈夫です。
これはプチ直会(なおらい)だと思っています。神さまと飲食を共にするのです。

そして、「今」いくべき聖地、おすすめのパワースポットについてもこちらから、ご相談ください。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。