メール鑑定

山羊座のパワースポット 2020年12月までの運勢

山羊座に木星が入りました。
吉例でございますので、星座ごとにパワースポットをご紹介して、これからの1年をお祝いしたいと思います。
木星が山羊座にはいった2019年12月から、水瓶座に移動する2020年12月までに、おでかけください。

主役の1年は、手抜きの時期を上手につかむ

皇居、あるいは富士山、浅間神社。
皇居は天皇陛下のおられる場所。富士山は日本の象徴の聖地です。
富士山の神社である浅間神社になります。
浅間神社のご祭神は、浅間大神 あるいは、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)
浅間神社の本宮でなくても、浅間大神、あるいはコノハナサクヤヒメノミコトがご祭神の神社がパワースポットとなります。

東京、日本の首都の真ん中に皇居があります。
それは、ぽっかりとあいた求心力のある聖地です。
この1年、山羊座には木星があります。その求心力からいろんなチャンスと、それからメンドくさい事がやってくる1年になるでしょう。
木星が自分のサインにやってくる1年は、一般には「ラッキーな1年」と言われるのですが、ただのラッキーではありません。
むしろ、なにがラッキーなのか、わからない1年かもしれません。棚からぼた餅のラッキーはないのです。
実際に結果を出してみる、しかし、それを否定する。
「これじゃない」
それを何度も何度もやってみることになります。それに飽きることはありませんし、でもガッカリすることもありません。
だた、その繰返しのなかから、結果として手の中に残るものは、天王星が示す次世代の世界観から合格をもらえるものです。次の新しい時代にもっていけるものしか、残らないはずです。
いろいろな事がやってきて、そのなかから、将来にむけて必要なタネであるネタを確保しておく1年でもあります。
でも、いずれ花が咲いて果実となるタネだけでなく、今まで知っていたけど避けていた「良くない事」も見えてきます。それは将来のあなたがもっているべきものではないのです。それを選定する手段としても「ナンの役にたつの?」と聞く土星もあなたの強い武器です。
この1年は、数年先に振り返ったときに「節目」となる時です。そして「忙しさ」は、無自覚な事が多いとおもいます。
でも、意識さえすれば、インスピレーションを形にできる時なので、ついつい、何でも手をだしがちになるでしょう。
特に夏以降は、忙しくても「当たり前」になりがち。なので、土星が水瓶座に進む3月下旬からもどってくる7月までは、ちょっと小休止。ああ、将来ってこっちの方向なのね、と冷静に観察しておきましょう。その間は、息を整え体制をたてなおし、身体を休めるときにしましょう。
その後は、さ、走るよ。

2019年には、年号が令和となり天皇陛下の御代替りがありました。常若(とこわか)のパワーを身につける聖地として皇居があると考えます。
皇居は、普通は踏み込む事ができませんが、東御苑は一般に公開されていて、日時を確認すれば入ることができます。
また、日本の中心、象徴とされる富士山も、今年のパワースポットです。
富士山は、もともとの富士大神の信仰があり、その後、仏教やコノハナサクヤヒメノミコトへの信仰、修験道も入っているのですが、もともとの富士のエネルギーとつながる事を意識されるとよいと思います。
その山の頂上を目指すように、やってくるモノ、ヒト、チャンス、考えを、受け止める大きな1年になるでしょう。

皇居の東御苑の公開日については、宮内庁のページをご覧ください。
2019年の大嘗祭については、こちらの記事で。
また、富士山の周囲の浅間神社については、いくつも記事があるのですが、こちらの北口本宮の記事をごらんください。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記のサイトが参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ神社であれば、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、おかしな方に傾いていると「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝などあまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。もちろん、月参り、毎月1日にお参りする「朔日詣り(ついたちまいり)」もおすすめです。
お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

また、その聖地、神社にご奉仕されている方にも心からの感謝と、神さまには真摯(しんし)な気持ちで向き合うことをおすすめします。
我欲で聖地に行っても、あまり得るものはないように思うのです。

おすすめは、参拝のあと、その境内で飲食ができる場所があれば、そこで何かを飲んだり食べたりすることです。なければ聖地の近くで大丈夫です。
これはプチ直会(なおらい)だと思っています。神さまと飲食を共にするのです。

そして、「今」いくべき聖地、おすすめのパワースポットについてもこちらから、ご相談ください。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。