メール鑑定

水瓶座のパワースポット 2020年12月までの運勢

山羊座に木星が入りました。
吉例でございますので、星座ごとにパワースポットをご紹介して、これからの1年をお祝いしたいと思います。
木星が山羊座にはいった2019年12月から、水瓶座に移動する2020年12月までに、おでかけください。

見えない縁と決意で、主役となる

出雲大社
ご祭神は、大国主命(オオクニヌシノミコト)あるいは、大己貴命(オオナムチノミコト)。
出雲大社や、大神神社(おおみわじんじゃ)など、オオクニヌシノミコトやオオナムチノミコトがご祭神の神社が、パワースポットとなります。
奈良の大神神社と、出雲の出雲大社に行った感じだと、別々の方のような感じをうけましたが、どちらも、幽事(カクリゴト)の神さまなので、そのお働きについては、同じだと思います。

この1年は、見えない世界、見えない縁が広がる1年です。本当の自分を見つける、あるいは自分の中にしっかりした核を持つ、と言えるかもしれません。
2020年年末に水瓶座でグレートコンジャンクションが起こります。こちらの記事で。
新しい時代が開いていくのですが、今は何も見えないかもしれません。
この1年は、見える成果ではなく、その裏側でなにが起こっているのか、だれが動いているのかにアンテナをあわせると、その見えない領域で動いている事が気がつくことになると思います。
さらに、その見えない動きに感謝の気持ちをもつことで、見えない部分での縁がさらにひろがっていく1年です。
実生活においては、根回しだったりキングメーカーだったり、縁の下の力持ちだったりして、表舞台にはでてこないかもしれませんが、見えない実力をたくわえることもあるでしょう。
見えない縁のなかには、先祖の霊、守護霊、あるいは魂の集合体からの援助もあります。
単純に、現世で、霊能者やサイキックな人と(あ、占い師もここに入りますね。なので、コレを読んでいるのがすでに(笑 )縁がある、という事もありそうです。
またこのご時世ですから、見えない世界という事で、ネットでの活躍もあるでしょう。
でも、そういう、アヤシイ世界やネットにばかりに傾くと、実際の生活で地の足のつかない状態になりがちなのですが、そこは意識して注意しておくことです。
少し先ですが、2021年は大きな節目の年です。否応なく自分のなかの基準やルールを明確に表明する必要にせまられます。しかも、その自分の基準は、未来に通じるものというレベルの高さです。その時のために、基準となる自分の核をつくっておくことは大事だと思うのです。
2021年については、2020年3月から7月くらいが、予告編、あるいは前哨戦となります。この時期に起こったことや、始めることがその翌年、あるいは数十年後の物語の「回収」となります。
なので、自分の何が大事なのか、という核、ルールを持っておくこと。実生活では、キングメーカー、あるいは影の主役が、この1年の水瓶座です。
というかオモテの主役として訂正したいと思います。

出雲大社は記事になっていませんが、おすすめです。
大神神社の記事は、こちらから。

ご祭神が、どの神社におられるかについては、玄松子さんの祭神記のサイトが参考になります。
玄松子さんのサイトは、現在は更新されていませんが、とても参考になるサイトです。

参拝されるのは、総本宮、総本社でなくてはいけない事はありません。ご祭神が同じ神社であれば、同じパワーがあります。

しかし、神社、聖地は、生きている波動を持っています。
同じご祭神であっても、そこに奉仕される方の気持ちが、おかしな方に傾いていると「なんか違う」波動になったりします。
また、参拝される方の波動が強いと、おちつかない雰囲気になっていることもあります。その場合は、早朝などあまり人の多くない時間帯をおすすめします。

以前、私は思うところがあって、連日、明治神宮に参拝していた時期がありました。なかなか難しいのですが、この方法も得るものが大きいと思います。もちろん、月参り、毎月1日にお参りする「朔日詣り(ついたちまいり)」もおすすめです。
お祭、祭祀をしている時に参拝されるのは、よいご縁です。
その神さまも、アガッっているので、パワーアップしている場合が多いのですが、普段、落ち着いた神さまの場合は、別の面がでている可能性があります。
また、御神輿(おみこし)や、山車(だし)で町中にお出かけになっている時に、拝殿はちょっと留守をされている事もありますので、ご注意ください。

でも、まずは、家のお墓、仏壇やご近所の神社に御参拝してから、おでかけください。

そして、直感を信じてください。境内にはいって雰囲気がよいなあ、とか、ずっといたいなあ、という所がよいのです。

また、その聖地、神社にご奉仕されている方にも心からの感謝と、神さまには真摯(しんし)な気持ちで向き合うことをおすすめします。
我欲で聖地に行っても、あまり得るものはないように思うのです。

おすすめは、参拝のあと、その境内で飲食ができる場所があれば、そこで何かを飲んだり食べたりすることです。なければ聖地の近くで大丈夫です。
これはプチ直会(なおらい)だと思っています。神さまと飲食を共にするのです。

そして、「今」いくべき聖地、おすすめのパワースポットについてもこちらから、ご相談ください。

で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。