メール鑑定

12星座別 2020年1月 月間占い

水星と太陽が山羊座にあって、年頭から山羊座の2020年のスタートを実感することになります。
11日に天王星が逆行を終了するとすべての天体が順行となります。素直に天体のパワーが働いていきます。
11日には蟹座で月食。
13日には土星と冥王星が重なり、そこに太陽が重なっていきます。自分たちのいる安心できる社会、ルールに焦点があたります。
今月、起こったことはこの1年の底に流れるテーマになりそうですし、結果は今月ではなく半年、1年後に表れてくる長さになります。なので、「このテーマを時間をかけてやっていく」という確認にすぎず、結果が見えなくても不安になることはありません。
それにしても、早くは蟹座の月の9日からですが、食の11日から下弦の17日までは、世の中も騒がしくなりそうな時です。特に蟹座の月食の時は気持ちも不安になりがち。今、何をすべきかは、感情と情報の区別をしてリサーチして。

1月の幸せの天体イベント
1月 3日 初巳
1月 7日 七草
1月11日 天王星が順行へ/蟹座で半影月食
1月13日 土星と冥王星と太陽がコンジャンクション
1月17日 下弦の月
1月18日 土用入り
1月25日 水瓶座の新月
1月31日 旧暦七草

鑑定については、こちらから、どうぞ。

幸せの1月 星座占い

牡羊座
年始早々、忙しくなりそうです。今年の目標をパチっと決める方もおられるかもしれませんが、それはかなり長期的な展望をもったものになりそうです。このひと月で達成できるような大きさではありません。
自分らしく生きていきたい、と思う一方で、それを将来も継続していけるのかと不安に感じる事もあるかもしれません。
難しいなあと思うかも知れませんが、あきらめる必要はありません。そこに向かってまずは、この一手をうっておくような、最初の石、ステップを置いて。それが目印です。
ラッキーアイテムは「温泉」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

牡牛座
年末からは人間関係が「濃い」時が続いていましたが、今月はそれをふまえた上で相手と自分の境界をどこに切り分けていくのか、というテーマに移っていきます。
それは、自分の目指すべきものがしっかりわかってきているからです。もちろん、それは今日明日に到達できる場所ではありませんが、そこに目指すべきものが「ある」と意識できてきます。
それによって、自分の身分、立場もかわっていくこともあるかもしれません。なかなかスイッチは重いのですが、その最初のスイッチが入る時です。
ラッキーアイテムは、「宇宙食」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

双子座
なんとなくつきあってきたけど、やっぱり違うとか、みんながそう言ってたから、そっちに流れていたような関係は、この際、見切ってしまうかもしれません。それは結婚だったり、会社のだったり、あるいは契約のある関係だったりするので、やや重め。そこに、この関係は、一人の人間として相手を尊重できるか、とか、この会社を離れてもつきあいができるか、というところから見てみると、手放すべき関係もわかってくると思います。
といってもスパッと切るのは、大人げない。現状は、つきあいもあるでしょう。そこもうまく切り抜けられると思います。
ラッキーアイテムは、「マッサージ」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

蟹座
年始早々、仕事がオシオシ。コンプリートできなくても、熱意をもってむかっていけそう。
長いテーマである人間関係の整理、整頓はこのひと月では終わらないかもしれません。将来も続いていける関係なのか、ということで、今の関係を見直すこともありそうです。長くなじんだ関係を見直すのは、そうカンタンには、いきません。
11日は蟹座で月食が起きます。今、自分の在り方を失うような不安があり、そこにしがみつきたくなるかもしれませんが、長い視点を持って。あえて、空気を読まないとことをやってみるのもいいかもしれません。
ただ、動きすぎで身体に無理が来そうです。注意して。
ラッキーアイテムは、「海外アニメ」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

獅子座
仕事での大きな転換もありながら、遊ぶのはやめられない。しかも恋愛も華やかな時です。ドンドン、参りましょう。
ドンドンといっても、大きなテーマはそう、ドンドン進むわけではありません。何を仕事にするか、そのためにすべき事、発生する義務、そろえるべき材料がわかってきたはずです、粛々(しゅくしゅく)と積み上げていきましょう。そして、仕事ではクライアントや上司に必ず、途中経過を報告して。
25日の新月は、新しい出会いをつれてきます。曲がり角の向こうから、パンをくわえた女子高校生が「いっけなーい!遅刻、ちこくぅ」と走ってくるような出会いです。
ラッキーアイテムは、「フルーティーなお酒。未成年の人はフルーツフレイバーの紅茶」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

乙女座
なんとなく、エアポケットのようなひと月がおわったと思ったら、家の中が大変なことになっていませんか。
アレもコレも、とりあえず抱えて家に持って帰って仕事をしました、とか、弊社に持ち帰らせていただきます、と言いまくってきたせいかもしれません。もちろん、やる気はあってそうなったので、誰からも責められるものではありません。そこを気にする必要はありません。それより、さ、片付けましょう。
それとは別に、長いテーマでは、愛を受けるとることもそのひとつ。甘やかすだけ、厳しいだけが教育ではないのと同じように、自分に対してもそのさじ加減が難しい。そのために、長く達成できる目標を立てることも必要。
ラッキーアイテムは、「インスタ映えするスイーツ」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

天秤座
どこを切っても、今年は忙しいのね、と思わせる年始め。
くるくると走り回って、仲間をあつめ材料をそろえ、レシピを確認していくところ。創っていくのは、自分の本拠地。
それは、1年かけて創っていきます。でも、今月は、ああ、こっちの方向だったのか、と下書から見直して、骨組みからたて直すこともありそう。あせらず、長期的にまいりましょう。
でも、ちょっと待てよ。自分のことだけ考えていないか?という疑問も起きてきますが、気になったら、ちょっとしたお土産、プレゼントをするとよいです。
ラッキーアイテムは、「デパコス。コスメ使わない人はインスタントではない出汁(だし)をつかったおすまし」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

蠍座
年始は、さあ、仕事だ、稼ぐぞとホンキになりそう。それは、組織を動かしたり、あるいはシステムとして売り上げをあげるという仕掛けの大きな話になりそう。
なので、勢い、そうカンタンには動かない。しかも、顧客やユーザー、クライアント、流行は変わりつつあります。しかし、その変化に対する対応力は、去年あたりから鍛えられています。
なので、この際、新規事業にうってでたい、いうこともあるでしょう。この1年をかけてやってみるテーマです。
でも、今はやや計画が甘くなりがち、結果にコミットするのは重要。
ラッキーアイテムは、「恋愛マンガ」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

射手座
年明け早々、戦闘モードオン。今までのように振りまわされてちゃ、ナンもできない、と立ち上がります。それでこそ、チャレンジの射手座です。
今年は、自分の武器を手にしていくときです。振りまわされるだけじゃない働き方や、相手に流されて何となく払っていたお金ではないお金、自分のものにしたい愛情などが武器になります。それが、そうか、ここにあったのか、という発見もあるはずです。
でもそれは、これから1年かけてゲットしていくもの。その武器を試すのはさらに先になるのですが、やたらに集めても仕方のないものです。その武器が役に立つのかは25日の下弦の月あたりにチェックポイントがあります。
ラッキーアイテムは、「うたた寝」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

山羊座
星がたくさん、山羊座に集って華やかな1年の始まり。なんとなくわかっていたけど、わ、ここでこれも来るか、というイベントもやってきます。春先までは、ちょっと忙しいときです。
ご自身が主役になるイベントも多めですが、自分がどう見えるかも大事。パートナーの顔色をみて、ああ、自分、ちょっとやり過ぎたかなあという自分の在り方を見直すこともありそうです。
ドキドキ、楽しいことばかり気になるときかもしれませんが、それだけでいいの?というチェックも入ります。
また、ネットでのトラブルや炎上に気をつけて。忙しいからといってラインで既読スルーはちょっと目立つかも。
ラッキーアイテムは、「コンビニのコーヒー」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

水瓶座
世間はバタバタしているけど、まあマイペースで1年がスタートします。ただ、次の主役がまわってくるので、自分なりの核、シンをつくっておく時。といっても、自分の拠点を見直すというテーマは続いています。
どちらも、ひと月で終わるようなテーマでもないし、そうカンタンにはできないのですが、しっかり意識しましょう。そのサインは、25日に起こる新月あたりに見えてきます。
上下関係のない知り合いや、友だちとの関係が活発になるときです。そういった知り合いから得られるヒントも大事にして。
ラッキーアイテムは、「月の待ち受け画面」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

魚座
年始早々、仕事でバタバタ。仕事といっても、業務とか勉強ではなく、対外的に何を打ち出していくか、とか、自分の地位をどう確保するかという本来、ちょっと苦手なところかもしれません。
大きなテーマとしては、長期的に何が必要か、というところがあるのですが、そこがクリアになってくるときです。きれいごとだけではないのですが、あなたが必要ならそう思う、という態度でななく、現実的に必要かどうかを基準にして。
なんとなく避けていても、そういった自分の基準が揺さぶられ、あるいはハッキリさせる必要もでてきます。
現場の変化もあるのは、わかっているはずです。
ラッキーアイテムは、「初詣でいただくお守り(1年たったものは、お返ししましょう)」
で、「私はどうなの?」は、鑑定のご案内から、どうぞ。

スポンサーリンク