メール鑑定

魚座での 水星逆行 2020年 (2月2日 追記)

2月17日から、魚座で水星が逆行を開始します。3月10日まで。
水星は、交通、情報、コミュニケーション、商いの星。
逆行によって、計画の見直し、復縁、仕切りなおしなど、前へ進まず、見直す時間となります。
これは、「悪い」ことではなく、必要な見直しであり、時期を待つことになります。
この間は、交通のトラブルや通信機器の故障、情報の行き違いに注意が必要です。

順行から逆行へ、あるいは逆行から順行へと方向転換する日は、水星の動きが止まります。
最も注意が必要なのは、この動きのない日、動いてナンボの水星が止まっているとき、です。こちらの記事で。
なので、逆行開始の2月17日と終了の3月10日は、時間と心に余裕をもって、おでかけください。

逆行開始の時のホロスコープです。時間は12時の東京。ハウスはありません。

また、今回の水星逆行の時の主なイベントです。

水星逆行の前の2月2日に水星は、逆行でここまで戻る場所を通過します
逆行終了後の3月30日は、水星の逆行開始の場所に戻ります。
逆行の前のこの期間から、逆行を終えたあとの期間まで、水星逆行の影響があるといわれています。
逆行期間に中止や延期になったものが、再度企画されたり、水星逆行後に実施されることがあるようです。

つまり、2月の最初のあたりに計画した事が水星逆行中に実行しようとして、考えなおしたり、延期になる事がありそうです。その後また、順行にもどる3月中旬くらいに再始動と読めます。なので、3月期末までに、あるいは新年度前の計画は時間に余裕をもって。

今回の水星逆行は、魚座のなかで起こります。
魚座では水星は、あまり活躍できないとされています。数量化し単純にアチコチを結ぶ水星の働きに、感情とか思いやりが入り込んできてしまうのです。
相手の感情に敏感になりすぎると、相手の都合につけいられることもありそうですし、あとで書きますが、上下関係に過剰に考えすぎて「忖度(そんたく)」してしまうこともありそうです。

一方、水星逆行の楽しい面としては、同窓会などの楽しいイベントもありそうですし、一度切れた関係の復縁もあるかもしれせん。しかし、復縁といっても、そもそもご縁がなければ、続きません。

特に水星逆行の開始と終了時には、感情と事実を混ぜないことが大事だと思います。
今回の魚座の水星逆行は、意識して「これは、事実」「これは、感情」と分けることです。
「相手が待ち合わせに遅れたのは、事実」「でも、だからといって自分を嫌っていると思うのは、自分の感情だから別」
また、柔軟宮の水星逆行なので、「いま、必要なのはなにか」という考え方も有効だと思います。

1.水星逆行の開始の前の2月8日~10日あたり
年末から1月までは山羊座に集中した天体の「圧」が強い時期でした。
大きな社会的なニュースも多い年始でした。アメリカのイラン司令官の殺害、ロシアの内閣総辞職などがあり、日常もバタバタしていましたが、太陽が水瓶座に移動した1月下旬からは少し落着いてきたところがあります。
その後の2月9日あたりからは、火星が地球から距離が離れていきます。
遠くの位置を運行する時は、火星としての力が飛び抜けると言われています。
8日には金星が牡羊座に入っているので、元気すぎる、虚勢をはってしまう部分があります。また、この時、金星が、天の赤道を通過します。
天体が赤道を通過するときは、社会的にやや不安になりやすい、人の気持ちが揺れやすいとされていて、株価や経済にイベントが起きやすいといわれています。
なので、この8日を含む前後、数日は、ちょっと慎重に。
あぶないところに足を踏み入れない、感情のままに行動しないあたりでしょうか。

2.山羊座に火星の入った2月16日から水星逆行開始のあと18日あたりまで
2月16日に山羊座に火星が入ります。山羊座に火星が入り、再度、山羊座にある天体が活性化します。
翌日の17日から水星逆行が始まるので、このあたりも注意が必要。
山羊座の火星は、組織や社会の規則を守ること、あるいはその利益になること、その業務、仕事に集中することになるのですが、火星が強すぎる方向に向かい、やや混乱することが考えられます。
この山羊座の火星については、別に記事を書きましたので、こちらの記事をご覧ください。

3.2月24日の魚座の新月
魚座で新月があるのですが、新月が夜中の2時。そのあと日中に、この月が水星と重なります。
その後、26日に太陽も重なっていきます。
ここでは、魚座の海王星と山羊座の木星が調和的な配置です。
なんとなくの発言が、公、会社にひろがっていく時なので、情報発信は慎重に。新月はやや気持ちも緊張するときです。新しいノートをひらくような時ですから。

4.水星逆行終了の前後1週間。3月4日から16日あたりまで
3月4日には、水星は逆行で水星は水瓶座にもどります。10日に水星逆行終了。順行にもどったあとの16日に魚座に戻ります。
この数年のこの時期には、太陽と海王星が重なるのですが、ここはちょっと冷静になった水星が、またぼんやりしそうな時期。
太陽と海王星が重なることで、混乱する期間がちょっと延びてしまう印象があります。

その後、3月20日に春分があり、3月22日に水瓶座に土星が入ります。
このあたりは、水星逆行の期間に起こったことの後始末をつけながらも、この先1年、あるいは、年末から始まる水瓶座土星の数年のスタートの時期です。
その後、土星はまた山羊座にもどってきて、本格的な水瓶座入りは年末になるので、ここから始まるのは年末の、あるいは、これから始まる水瓶座土星の「お試し期間」です。6月末までです。

この水星逆行は水瓶座土星という未来へつなぐ、過去のふり返りです。
感情と情報を混ぜないようにして、しっかり参りましょう。

(追記 2020年2月2日)
今日は水星が逆行でここまで戻りますよ、というポイントを水星が通過するところです。
新型コロナウィルスが広がりを見せています。
また、中国の養鶏場でニワトリで「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスに感染しているのが確認されました。
この水星逆行が起こるのが、魚座。魚座の支配天体である海王星は免疫も象徴しています。
逆行終了前には太陽と海王星が重なります。水星はメッセンジャー。アチコチをつなぎます。
毎年、この時期に太陽と海王星が重なり、ここ数年は魚座で重なっています。
新型コロナウィルス、あるいはインフルエンザに対する情報の混乱がありそうなので、あまりパニックにならずに(買い占めなどしないで)正しい知識をもつようにしてください。
また、太陽はアウトプットする天体です。
自分が感染元にならないように、しっかり予防も。
いまのところは、通常のインフルエンザ対策でよいと言われています。きちんと食事をしてちゃんと寝る。手洗い、マスク、うがいと咳エチケット。
そして、現在のところ通常のインフルエンザ患者数もかなり低い人数になっています。(例年、年明けに学校と会社が始まると流行するのがこのグラフから読めます)
一日も早い収束がありますよう。

グラフは、東京都感染症情報センターから

社会や集合チャートは、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク