メール鑑定

金星が双子座へ 2020年4月

2020年の春から夏にかけて金星が双子座に長く滞在します。4月4日から8月8日まで。

金星はだいたいひと月くらいで、ひとつのサイン(星座)を通過するのですが、今回は逆行もあるので少し長めです。
金星は「楽しい」ことをする天体。
なのでこの春から夏にかけては、いろんな人とコミュニケーションをどんどんとっていくこと、お話することが楽しいことになります。
流行を追いかけるのもこの金星の働きなので、特に「新しいもの」は、どんどん流行していくと思います。
つまり、ツイッター経由や、ママ友のおしゃべりなどから、新しい流行が作られていくようです。

一方で、魚座に海王星があります。
ネット経由でのコミュニケーションも増えるでしょうし、不特定多数の人とアタマをフル回転しながらお話し、情報交換することになります。
ただ、これが、交換するのが情報だけではなく、気持ちもまぜていってしまう事になると情報の混乱もありそうなので注意して。
また、裏切ったつもりはなくても、決まったパートナーではない方との交流、浮気もありそうなのは困ったところだと思います。

特に双子座に金星が入る前後の2020年4月のはじめには、火星と土星が重なったり、あるいは木星と冥王星が重なったりします。2020年のスーパームーンもこのあたりで起こります。
2020年の新年度はブレイキがかかっていたことが、動き出すタイミング。
その前までは、ギリギリ我慢していたけれど、その緊張がピークの時。動きがないようだけど、ピンと張り詰めた糸のような緊張感のある時期です。
そこでは、「コミュニケーションをとるのが楽しい」というより、サバイバルするのに自分の興味の向く先でナニか新しい情報はないか、とリサーチしている様子もみてとれます。

その後、6月に入ると金星は逆行を開始します。7月中旬までです。
この前後、海王星と強い配置となりますので、情報過多による迷いや混乱もありながら、自分にとっての情報のリソースを確認します。

この春から夏までは情報交換、重要です。

ここに書いた事は、全体の雰囲気です。「私はどうなの?」は、鑑定のご案内 からどうぞ。

チャートは、MyAstroChart さんで作りました。

スポンサーリンク